BMWの新車情報

BMW X2のスパイショット X1のせいでこうなった

sponsored link

BMW_X2_SPY_front

スパイショットも出始めたBMW X2ですが、X2のキャラクターは、FF化された現行型X1の影響をかなり受けているようです。

トップ画像の出典: bmwblog.com

sponsored link

目次
1.BMW X2のコンセプト
1-1.BMW X2はFF車
2.BMW X2のスタイリング
3.BMW X2の予想スペック

BMW X2のコンセプト

X1としては2代目となるF48型は、かたくなに守ってきたフロントエンジン・リアドライブ(FR)の伝統をかなぐり捨て、フロントエンジン・フロントドライブ(FF)に変わってしまいました。FFの方が室内が広く、コストもかからないからです。

とはいえBMWは「駆け抜ける喜び」の追求を止めたわけではありません。ファミリー志向になったX1の代わりに、スポーティーなX2を導入することを決定したのです。


BMW X2はFF車

ところがX2にも、X1と同様のUKLプラットフォームが採用されています。次期型のMINI・カントリーマンもこのプラットフォームです。よってX2もFFとなります

スポーティーなFF車はMINIブランドで散々作ってきたBMWですから、X2がスポーティーなSUVになるのは間違いないでしょう。しかし伝統的なBMWファンが求めている車ではなさそうです。

目次に戻る

BMW X2のスタイリング

BMW社は欧州の顧客に対し、X2の売り込みをすでに始めています。「伝統的なハッチバックスタイルでありながら、SUVのように運転しやすいドライビングポジション」というのが、彼らのウリ文句のようです。

スパイショットを見ると、フロントウィンドウはかなり寝ていますし、ルーフも低いです。

BMW_X2_SPY_front

画像の出典: bmwblog.com

BMW_X1_MY2016_front
BMW X1(F48)の画像。X2とのルーフ高やウエストラインの違いに注目。

画像の出典: netcarshow.com

ウエストライン(サイドウィンドウの下端)もかなり高い位置にありますね。ボディの下半分を隠すと、ハッチバック車にしか見えません。

BMW_X2_SPY_side

画像の出典: bmwblog.com

BMW_X1_MY2016_side
比較用に反転したX1の画像。X2と比べると、サイドウィンドウがかなり大きい。

画像の出典: netcarshow.com

大きく張り出したフェンダーや、直線的なボディライン、そしてハッチバックスタイルは、X2のスポーティーな性質を表しています。やや鈍重な印象になったX1とは対照的です。

BMW_X2_SPY_rear

画像の出典: bmwblog.com

BMW_X1_MY2016_rear
X1はクオーターパネル(Cピラー付近)が絞りこまれていない。フェンダーのボリューム感もX2が上。

画像の出典: netcarshow.com

目次に戻る

BMW X1の予想スペック

エンジンとグレードの対応関係は以下のとおりです。

排気量(L)気筒数過給器燃料馬力(ps)グレード
2.0直列4気筒ターボガソリン191xDrive20i
ディーゼル150xDrive18d
189xDrive20d
230xDrive25d

トランスミッションは6速MTと、アイシン製の8速ATになりそうです。イギリスのAUTO CARは6速ATになると予想していますが、X1ですら8速ATなのにスポーティーなX2が6速ATというのはまずありえないと思います。

BMW X2は10月のパリ・モーターショー(通称パリ・サロン)でお披露目になる予定なので、9月に入ればまた新しい情報が出てくるでしょう。続報が入り次第お伝えします。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: BMWの新車情報
Tag:

戻る