他メーカーの新車情報 新車情報

ファラデー・フューチャー FF91 驚異のEVだが……ホントに出るの?

2017/01/06

電気自動車(EV)ベンチャーのファラデー・フューチャーが、同社初の市販モデルFF91を発表しました。
巨大なボディを持つSUVは、思いつく限りの技術を詰め込んだ「全部のせ」モデルとなっています。

sponsored link

ファラデー・フューチャーとは?

中国のメディア企業「LeEco」の支援を受けているEVベンチャーです。
とはいえ本社はアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスにあります。

現在同社を率いているのは、ロータスやテスラのエンジニアだった経歴を持つニック・サンプソン氏です。
彼の元で1400名の従業員が働いています。

ファラデー・フューチャー FF91

FF91のサイズ

FF91はとても未来的であり、そして巨大です。

デカァァァァァいッ説明不要!! 全長5.25m! ホイールベース3.2m!

全長は5250mm、ホイールベースは3200mmもあります
テスラ・モデルXの全長が5004mm、ホイールベースが3061mmですから、FF91の巨大さがわかりますね。

FF91のエアロダイナミクス

その巨躯にもかかわらず、FF91のCd値は0.25しかありません
モデルX(0.24)には及びませんが、十分な数値だと思います。

その他には最近流行りのフライング・バットレスや、速度に応じて開閉するシャッター付きの22インチホイールなど、独自の装備が目を引きます。

フライング・バットレス。わずかだがCピラー部分のボディパネルが浮き上がっている。

また、ミラーレス化されていることも、空力の良さに貢献していることでしょう。

日本ではミラーレス車はすでに合法だが、アメリカではまだ違法とされている。

FF91のシャシー

シャシーはファラデー・フューチャーが「Variable Platform Architecture(VPA)」と呼ぶもので、バッテリー/モーターとフロアが一体構造となっています。

全てのコンポーネントがスッキリと収まっている。

アクティブサスペンションを4隅に配置。
巨大な車体の回転半径を小さくするために、4WSも装着されています。

FF91のモーターとバッテリー

最高出力は1050ps、最大トルクは1800Nmという途方もないものです。
0-60mphは2.39秒と、フェラーリ488GTBよりも速いタイムを叩き出します。

しかしこれだけのハイパフォーマンスにもかかわらず、米国EPAの航続距離は378マイル(約605km)です。
130kWhもの大容量バッテリーを積んでいるからですね。

充電時間は、240Vなら4.5時間でフルチャージ可能だとか。また、200kWの急速充電にも対応しています。(テスラのスーパーチャージャーは120kW)

FF91の自動運転システム

10のカメラ、13のレーダー、12の超音波センサー、そして3D LIDARシステムを備えています。

ボンネット上にポップアップしてくる3D LIDAR。ハッキリ言ってかっこ悪い。

テスラよりも多数のセンサー類を装備することで、より高度な自動運転システムを実現しているようです。

また、ドライバーが降りた状態でも自動で駐車してくれる「バレット・パーキングモード」も用意されています。

FF91のインテリア

ゼロ・グラビティ・シート」は、その名のとおり浮遊感を感じることができるシートです。
リアシートは60°までリクライニング可能となっています。

シフターはセンターコンソールからポップアップするとのこと。
画像が無いのが残念ですが、セレクターレバーがセンターコンソール内部からせり上がってくるのでしょう。

FF91のインフォテイメント

顔認証でスマホからログインする「FFID」システムは、シート位置や各種プリセットなどを登録しておくと、全てのファラデー車で使うことができます。
キー代わりに使うことも可能なようです。

センターコンソールにはテスラのような巨大ディスプレイが設置されます。
802.11a/cのWiFiも搭載されているそうです。

目次に戻る

FF91の発売時期・価格

発売はどんなに早くても2018年だと言われています。2019年以降にずれ込む可能性も十分にあるでしょう。

価格は15〜20万ドル程度になると見られています。
テスラ以上に高級路線のEVになりそうです。

ファラデー・フューチャーの不安要素

しかしファラデー・フューチャー社は財政不安が取り沙汰されており、それに絡んでサプライヤーへの代金未払いで告訴されています。
そんな同社に嫌気がさしたのか、昨年には2人の最高幹部が就任から短期間で辞めてしまったことも気がかりです。
FF91の市販化にこぎつけることができるのか、同社の今後の動向に要注目です。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag:

Recommend

1
デイリーF1ニュース(2017年6月28日号)ハース、2台の明暗分かれる 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
2
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/27更新】
3代目となる新型BMW X3の情報が、ついに正式公開されました!CLAR(CLu ...
3
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
4
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
5
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
7
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
8
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る