他メーカーの新車情報 新車情報

ロールスロイス・カリナンは、ラグジュアリーSUVの王たり得るのか

更新日:

ロールス・ロイス初となるSUV「カリナン」の開発が進んでいます。

ラグジュアリーSUVといえば、メルセデス・ベンツ新型Gクラスや、BMW X7アウディQ8などの登場が控えており、大混戦となっているジャンルです。
はたしてカリナンは玉座を奪うことができるのでしょうか。

今回はカリナンの最新情報と、スパイショットをお届けします。

sponsored link


ロールス・ロイス カリナンの概要

エクステリア

コーチドアは健在

コーチドアとは、いわゆる観音開きドアのことです。

リアドアハンドルの位置からすると、ロールス・ロイスの伝統的な「コーチドア」が、SUVのカリナンにも採用されています。

全長5500mmオーバーの巨躯

カリナンの全長は5500mm以上になると言われています。

また、リムジン仕様も追加される可能性が高く、そちらは6000mm(6m)という長さになりそうです。

インテリア

インテリアの様子はわずかしか判明していませんが、ステアリングのしつらえからは高級感が伝わってきます。

シャシー

新しいアルミニウム・アーキテクチャー

カリナンのプラットフォームは、ロールス・ロイスが今年発表した「ファントム Ⅷ」と同じ、アルミニウム製のものです。

8代目にモデルチェンジした「ロールス・ロイス ファントム」

このアルミニウム製プラットフォームは、軽量かつ高剛性なものですが、意外なことに、親会社のBMWとは共有してはいません。

ロールス・ロイスのオリジナルで、かつ独占的に使用するプラットフォームなのです。

サスペンション

エアサスが装備され、乗り心地にも妥協はありません。

起伏の多い場所では車高が高くなるような、ライドハイトコントロールも装備されるようです。
ラグジュアリーSUVですが、オフローダーとしての性能も追求されています。

4WD

カリナンは、ロールス・ロイスとしては初めての4WD車となります。

ゆくゆくはプラットフォームを共有するロールス・ロイスの他モデルでも、4WDがラインナップされるようです。

エンジン

BMW N74型エンジンの採用が確実視されています。

N74はV型12気筒ガソリンツインターボですが、カリナンの排気量に関しては不明です。

ちなみにカリナンと同じプラットフォームを使用するファントム Ⅷは、6.75リッターN74B68というタイプを搭載しています。

新型ファントムに搭載されているV12エンジン

N74B68は、571ps・900Nmというスペックなので、重量級であるカリナンのエンジンとしても申し分ないはずです。

馬力だけならロールス・ロイス レイスに搭載されているN74B66(632ps・800Nm)が最も高いのですが、SUVのカリナンには高トルク仕様が採用されるでしょう。

価格・発売時期

ロールス・ロイスはカリナンで「ラグジュアリーの新基準」を打ち立てると豪語していますから、価格も相当な高額になるはずです。

発売は2018年を予定しています。

目次に戻る

出典・参考サイト

Rolls-Royce Cullinan SUV: closest look yet | carmagazine.co.uk

Rolls-Royce Cullinan Spied Shedding Some Camo | motor1.com

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.