AMG CLA 35 シューティングブレーク 速さと実用性を両立した快速ワゴン

Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報シューティングブレーク, ステーションワゴン

メルセデスAMGが、CLA 35 シューティングブレークを公開しました。
今回はその概要と画像をご覧ください。


AMG CLA 35 シューティングブレークの概要

エクステリア

AMG CLA 35 シューティングブレーク

顔つきはいわゆる「プレデターフェイス」だ。

ダクトの周囲に沿ってエアロパーツが装着されている。

ボンネットにはパワードーム。

シューティングブレークならではのサイドビュー。

350mm径のブレーキディスクで、制動力を強化。

スリークなリア周りこそシューティングブレークの証。

ディフューザーとラウンドテールパイプにより、グッとスポーティーになった。

AMG Lineフロントバンパーと、ユニークなグリルが装着されています。
ボンネット上のパワードームも特徴的です。

5ツインスポーク・ホイールは18インチですが、オプションで19インチも選択できます。
サイドステップも専用品です。

リアスポイラーにはボディ同色のAMGスポイラーリップが追加されています。
リアディフューザーも装着され、テールパイプはスポーティーな円形のものに変更されました。

また、AMGナイトパッケージやAMGエアロダイナミクスパッケージなど、数多くのオプションが用意されています。

目次に戻る

インテリア

AMG CLA 35 シューティングブレークのインテリア。

基本的にはCLA準拠のインテリアとなっている。

内装はCLA 35に準拠したものです。
人工皮革のARTICOと、マイクロファイバーDINAMICAで仕立てられています。
インフォテイメントはMBUXです。

AMGならではの要素としては、3段階のESPやマニュアルモード、AMGライドコントロール用の操作スイッチが装備されたセンターコンソールや、ステンレスペダル、シフトノブ、フロアマット、スカッフプレートなどがあります。

目次に戻る

シャシー

ねじり剛性を向上させるため、エンジンの下にはアルミニウム製パネルが追加され、フロント車体下には2つのブレースが装着されました。

バネ下重量を減らすため、コントロールアームはアルミ製です。
もちろんサスペンションもリセッティングされています。
フロントブレーキは350mmという大径ディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせで、制動力も万全です。

目次に戻る

パワートレイン

2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボエンジンは、306ps・400Nmを発生します。
ギアボックスは7速デュアルクラッチトランスミッション(AMGスピードシフト DCT 7G)です。
駆動方式はトルクを可変配分できるAWD(全輪駆動)の4MATICとなります。

0-100km/hは4.9秒、最高速は250km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

メルセデスは発売日を明らかにしていませんが、おそらくMY2020(2019年下半期~2020年上半期生産モデル)として投入されると思います。

価格についても未発表ですが、発売日付近になれば明らかになるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath