VW T-ROCカブリオレ 世紀の珍車? 革新的な名車?

VWの新車情報SUV, VW T-ROC, オープンカー

フォルクスワーゲン(VW)が、T-Rocカブリオレを発表しました。
コンパクトSUVであるT-Rocの、コンバーチブルバージョンです。

今回はT-Rocカブリオレの概要をご覧ください。


T-Rocカブリオレの概要

エクステリア

VW T-ROCカブリオレ

ルーフを切っただけでなく、根本的に車体の構造が異なるようだ。

後席もそこそこ広そうだ。

T-Rocとは車両の構造からして異なっています。
ホイールベースは37mm延長され、全長も34mm長くなりました。
また、ボディ剛性の不足を補うために、アンダーボディやクロスメンバー、サイドパネル、ドア、フロントガラスフレームに補強が追加されています。

折りたたみ式のファブリックルーフは、30km/h以下の速度で操作でき、わずか9秒で開閉可能です。

ボディサイズ

各部寸法(mm)
全長 4,268
全幅 1,811
全高 1,522
ホイールベース 2,630

目次に戻る

インテリア

T-ROCカブリオレのインテリア

デジタルメーターのアクティブ・インフォ・ディスプレイも装着できる。

フロントシートはスポーティーなデザイン。リアシートはちょっと幅が狭そうだ。

ラゲッジスペースはかなり小さめ。

車体のサイズは大きくなりましたが、ドアの数は4枚から2枚に減り、ラゲッジスペース容量も284リッターから161リッターに減ってしまいました。

オプションで次世代インフォテイメントシステム(MIB3)も利用できます。
このシステムにはeSIMを含むオンライン接続ユニットが搭載されており、登録するだけですぐにオンライン接続が可能です。

デジタル・コクピットの「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」は11.7インチ。
BeatsAudioの出力400Wの12チャンネルサウンドシステムも利用できます。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは1.0リッター・直列3気筒ガソリンターボ(115ps・200Nm)と、1.5リッター・直列4気筒ガソリンターボ(150ps・250Nm)の2種類です。
ギアボックスは、1.0リッター仕様が6速MT、1.5リッター仕様は6速MTに加え、オプションで7速デュアルクラッチトランスミッションを装着できます。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ発表されていません。
2020年の春に発売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath