BMWがミッドシップ・スーパーカーを開発中!?(追記あり)

2020年8月25日BMWの新車情報スーパーカー, ミッドシップ

BMW Mid Engine Test Car

BMWの不思議なテストカーが捉えられました。
見た目は8シリーズクーペなのですが、車体後部への空気取入口が設けられているため、ミッドシップである可能性も取り沙汰されています。

今回は謎のテストカーのスパイショットをご覧ください。

更新情報

テストカーがニュルブルクリンクでクラッシュしました。(2020/08/28)


BMWの謎のテストカー

BMW Mid Engine Test Car
ミッドシップと見られるテストカー。フロント周りにはカモフラージュが施されている。

BMW Mid Engine Test Car side
リアクォーターウィンドウは開口部付きのパネルに差し替えられている。

BMW Mid Engine Test Car front wheel
フロントブレーキのサイズは超巨大。

BMW Mid Engine Test Car rear side
ミッドシップにしてはリアブレーキが小さいような……

BMW Mid Engine Test Car rear three quarter
リアウィンドウには黒いフィルムが貼られており、中は見えない。

BMW Mid Engine Test Car rear
テールライトは暫定仕様。テールゲートが大幅に変更されているのかもしれない。
画像の出典: motor1.com

8シリーズクーペのフロントバンパー開口部にはカバーがあるのですが、テストカーのそれは除去されており、インタークーラーが丸見えになっています。

車体側面の変更点は、リアクォーターウィンドウの開口部です。
空気の導入先は、通常リアシートやラゲッジスペースがある部分だと思われます。
そのためテストカーがミッドシップなのではないかと疑われているのですが、エンジンへのエアインテークとしては小さいですし、あるいは冷却風の取入口としても心もとないサイズなので、本当にミッドシップかどうかはわかりません。

リア周りにはカモフラージュが施されており、テールライトも暫定仕様に変更されています。
クアッドエキゾーストはM8と同様ですが、ディフューザーのデザインは異なっているようです。

BMWは当初Vision M NEXTと呼ばれるコンセプトカーを市販化する計画でしたが、その後キャンセルされたという情報が流れていました。
M NEXTは直4エンジンをミッドシップに搭載するPHEVのスーパーカーだったので、今回スパイショットされたテストカーと何らかの関係があるのかもしれません。

テストカーがニュルブルクリンクでクラッシュ

BMW 8 Series Prototype Crush
ニュルブルクリンクでクラッシュがしたテストカー。

新型ミッドシップのテストカーと見られていた車両が、ニュルブルクリンクでクラッシュしました。
ガードレールにぶつかった車体はピンボールのように跳ね返り、2度ヒットそうです。それでサスペンションアームが折れたのでしょう、フロントホイールがあらぬ方向に向いています。

ドイツの自動車メディアであるAuto Motor und SportがBMWに確認したところ、このテストカーはミッドシップではなく、BMWグループの様々なコンポーネントを搭載してテストするための車なのだそうです。
とはいえ、BMWのコメントを鵜呑みにすることはできません。
単にコンポーネントを搭載するだけなら、車体をカモフラージュする必要性が無いからです。
M8のスペシャルモデル(例えばCSなど)の開発が進んでいる可能性もあります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath