レクサスが「LBX」を商標登録。新型コンパクトSUVか

トヨタの新車情報SUV

Toyota Yaris Cross side top

レクサスが「LBX」という商標を登録しました。新型SUVの車名になると見られています。

今回はレクサス LBXに関する最新情報をご覧ください。


レクサス LBXの最新情報

lexusenthusiast.comによると、レクサスがLBXという商標を登録したのは8月5日で、ヨーロッパの他にはスイスやイスラエルでも申請されています。
LBXの商標は「自動車とその構造部品」で使用するとされており、所有者はもちろんトヨタ自動車です。

Lexus LBX Trademark
LBXの商標アプリケーション

LBXはどんな車になる?

以前中国の自動車メディアが、レクサスはトヨタ ヤリスクロスをベースにしたコンパクトSUVを準備しており、それは「BX」という車名になると報じたことがあります。
LBXはその噂が具現化したものでしょう。
LBXという商標が米国で出願されていないのは、そもそも米国で販売する計画が無いためだと考えられます。

Toyota Yaris Cross front
トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロスをベースとするLBXは、最初コンセプトカーとしてデビューするはずです。
市販バージョンのリリースは2023年頃になるでしょう。
外観上はレクサスのファミリーフェイスであるスピンドルグリルが装着されますが、内装はヤリスクロスとほぼ同じものになります。ただし内装のマテリアルはより高品質なものになるでしょう。
パワートレインに関しては不明ですが、何らかの形で電化されたものが搭載されるに違いありません。

Lexus UX300e
LBXもやはりスピンドルグリルを装着するはず(画像はレクサス UX300e)

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath