ブラバム BT62R 公道に解き放たれた怪物

他メーカーの新車情報ハイパーカー

Brabham BT62R

オーストラリア製のハイパーカー「ブラバム BT62」に、公道走行可能な「BT62R」が加わりました。
BT62のシリーズにはサーキット専用モデル(Ultimate Track Car)か競技仕様(Competition Spec)しかなかったのですが、ついにロードカーが登場したわけです。
今回はBT62Rの概要をご覧ください。


ブラバム BT62Rの概要

エクステリア

Brabham BT62R
ブラバム BT62R

Brabham BT62R front
スプリッターなどはリデザインされたというが、レース仕様と見分けがつかない。

Brabham BT62R front three quarter
むき出しのカーボンがかっこいい。

Brabham BT62R side
ロードカーということで、車高は可変できる。

Brabham BT62R rear three quarter
BT62Rにはルーフにエアスクープが追加されている。

Brabham BT62R rear
サーキット仕様車はBRABHAMのロゴの下に排気口があったのだが、BT62Rでは変更されている。

公道走行を可能とするために、ロードリーガルなヘッドライトやサイドミラー、リアビューカメラなどが装備されています。
様々な条件に対応すべく、車高を可変させるシステムも搭載。
フロントスプリッターやリアデュフューザーも新しくデザインされています。

目次に戻る

インテリア

Brabham BT62R seat
BT62Rのインテリア。シートは革張りのようだが、窓はレースカーのようだ。

Brabham BT62R console
内装の質感は高そうだ。

コンフォート性を向上させるべく、エアコンやスピーカーシステム(オプション)、カメラ映像を見るためのデジタルダッシュボード、リモートドアロックなどが装備されました。
フロントガラスもデフロスター付きです。
シートのデザインもロードカー向けに変更されています。

目次に戻る

パワートレイン

Brabham BT62R

エンジンは5.4リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気です。現行の市販車に搭載されている自然吸気V8としては、最もパワフルだとブラバムは主張しています。最高出力は710ps、最大トルクは667Nmです。
トランスミッションは6速シーケンシャルで、公道走行で使いやすいギア比に設定されています。
エキゾーストも騒音に配慮したものに交換されているようです。

目次に戻る

価格・発売日

Brabham BT62R

価格は不明ですが、コンペティションモデルには75万ポンド(約1.05億円)のプライスタグが付けられていたので、同じくらいの値段になると考えるのが妥当でしょう。

BT62Rは今後数週間以内にデリバリーが開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath