ポルシェ 新型911GT3カップ(992型)ベストセラーレースカーの最新版

Porscheの新車情報Porsche 911(type992), スポーツカー, レーシングカー

Porsche 911 GT3 Cup type 992

ポルシェ新型911 GT3 カップカーを公開しました。
992型の911をベースにしたワンメイクレースカーです。

最初の911カップカーは、1990年に発表されました。
以来、5世代に渡り累計で4,251台ものカップカーが生産され、レーシングカーのベストセラーとなっています。
ポルシェは今後数年間で、カップカーの生産累計5,000台の突破を目指しているそうです。

今回は新型カップカーの概要をご覧ください。

Related Posts

ポルシェ 911 GT3 カップ(タイプ992)の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Front
ポルシェ 911GT3カップ(992型)

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Front three quarter
フロントスプリッターは大型化された。ラジエター位置はフロントバンパーのすぐ後方。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Nose
アルミボンネットに開けられたダクト。先代モデルより大型化されている。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Rear fender
カップカーとしては初めてターボボディが採用された。そのためリアフェンダーに冷却口がある。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Wheel
ブレーキはブレンボ。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Rear three quarter
このリアフェンダーのワイド感がたまらない。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Rear
リアウイングはスワンネックステーで支持されている。

フロントアクスルの幅も大幅に広がり、1,920mmとなりました。
フレアフェンダーの追加によって、フロントに12インチ幅、リアに13インチ幅のホイールを履けるようになったそうです。

大型化されたリアウイングとフロントスプリッターの組み合わせにより、ダウンフォースも大きく増加しています。
特にリアウイングはスワンネック式のステーを採用している上、11段階に角度調整可能です。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Cockpit
新型カップカーのコクピット

Porsche 911 GT3 Cup type 992 Door
ドアはカーボン。ドアプルもファブリックで軽量化されている。

レーシングシートは2段階の高さ調整が可能になりました。ステアリング位置も調整可能なので、あらゆるドライバーが最適なドライビングポジションを取ることができます。
なお、カーボンファイバー製のステアリングホイールは、911 GT3 Rから採用されたものです。

10.3インチのディスプレイには、水温などレース中に必要な情報が優先的に表示されます。
ディスプレイ横にはラバースイッチパネルが設置され、ライトやベンチレーション、タイヤに合わせたセッティング変更などを、スイッチひとつで行うことが可能です。

目次に戻る

シャシー

Porsche 911 GT3 Cup type 992

新型カップカーのボディは、70%がアルミ、30%がスチールで出来ています。
ちなみに先代の991.2世代では、この比率は逆だったそうです。

アルミの比率が増えたにもかかわらず、乾燥重量は35kg増加し、車重は1,260kgになっています。
これはスチール製のセーフティセルが強化されたためです。

ウィンドウは全て軽量なポリカーボネート製で、ドア、エンジンフード、リアウイングはCFRP製です。
一方、フロントボンネットはアルミ製となっていますが、これはクラッシュした際の修理費用を抑えるためなのだそうです。

フロントアクスルはピロボールを備えたダブルウィッシュボーン式サスペンションとなっています。
これによりダンパーが横方向の力を受けなくなったため、ターンイン時の挙動が改善されました。
ちなみにリアアクスルは市販モデルから基本的に変更されていません。

また、カップカーとしては初めて、電気機械式パワーステアリングが採用されています。
これにより油圧ポンプや油圧ラインが不要となりました。

目次に戻る

パワートレイン

Porsche 911 GT3 Cup type 992

エンジンは4.0リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気です。
最高出力は510ps、最大トルクは470Nmとなっています。
最高出力の発生回転数は、先代モデルの7,500rpmから、8,400rpmに引き上げられました。
レッドラインは8,750rpmに設定されています。

トランスミッションは6速シーケンシャル。ステアリングホイールのパドルシフトでギアチェンジすることができます。

点検頻度は、エンジンがサーキットの走行時間で100時間ごと、ギアボックスは60時間ごと。本格的なオーバーホールは120時間ごとでよいそうです。

目次に戻る

価格・発売日

欧州での価格は225,000ユーロ(記事執筆時点のレートで約2,835万円)だそうです。

新型カップカーは2021年シーズンから導入されるため、チームへのデリバリーは2021年2月から行われます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath