パガーニ ウアイラR 新開発の自然吸気V12を搭載したハイパーカー

他メーカーの新車情報サーキット専用, ハイパーカー

Pagani Huayra R

パガーニが「ウアイラR」を発表しました。
ウアイラのサーキット専用モデルで、1980年代のF1エンジンへのオマージュとして、あえてノンターボ化されています。

今回はパガーニ ウアイラRの概要をご覧ください。

Related Posts

パガーニ ウアイラRの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Pagani Huayra R
パガーニ ウアイラR

Pagani Huayra R Front
カナードやスプリッターの雰囲気は完全にレーシングカーだ。

Pagani Huayra R Side
ル・マンプロトタイプのようなフォルムをしている。

Pagani Huayra R Top
フェンダー上には縦長のダクトが追加されている。

Pagani Huayra R Rear three quarter
セラミックコーティングされたエキゾーストが目を引く。

Pagani Huayra R Rear
リアディフューザーがイタリア国旗カラーに色分けされているのがおしゃれ。

320km/hで走行時に約1,000kgのダウンフォースを発生させるというエアロダイナミクスは、フロント46%、リア54%という理想的な前後ダウンフォースバランスをも実現しています。

目次に戻る

シャシー

カーボンモノコックにエンジンがストレスマウントされています。つまりレーシングカーと同様の構造です。
乾燥重量は1,050kgしかありません。
それでいて曲げ剛性はロードカー比で+51%、ねじり剛性は+16%も向上しています。

フロントのサブフレームはクロームモリブデン鋼製。
ダブルウィッシュボーンサスペンションはアルミ製です。
スプリングとアダプティブダンパーのセッティングは、ピレリのスリックタイヤに合わせて調整されています。
タイヤサイズはフロント275、リア325という極太です。

ホイールはAPP Techの19インチ鍛造アルミ。
ブレーキはブレンボのCCM-Rというカーボンセラミックディスクで、フロント410φ、リア390φという大径です。
フロントには6ピストンキャリパーが装着されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは6.0リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気です。
エンジンはメルセデスのレースオペレーションなどを手掛けるHWA AGと提携して開発され、単体の重量はわずか198kgしかありません。
最高出力は850ps、最大トルクは750Nmです。
レブリミットは9,200rpmとなっています。

エキゾーストはセラミックコーティングされたインコネルで製作されており、その厚みはロードカー比で1/3しかありません。パイプは全て等長で、V12時代のF1カーのようなサウンドを奏でることができるとパガーニ社はコメントしています。

6速シーケンシャルトランスミッションもHWA AGと共同開発されたもので、重量は80kgしかありません。
このギアボックスは応力を受け持つメンバーとしても機能します。

目次に戻る

価格

価格は260万ユーロとなっています。
ウアイラRは30台の限定生産です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath