メルセデス・ベンツ CLSがマイナーチェンジ

Mercedes-Benzの新車情報4ドアクーペ, メルセデス・ベンツCLSクラス(3rd-Gen)

Mercedes-Benz CLS 2021 Facelift

メルセデス・ベンツ CLSが、マイナーチェンジ(M/C)されました。
内容は内外装の小変更と、パワートレインの更新です。

今回は新型CLSの概要をご覧ください。

Related Posts

CLS(2021年M/Cモデル)の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-Benz CLS Front three quarter
メルセデス・ベンツ 新型CLS。ボディカラーは新色のスペクトルブルーメタリック。

Mercedes-Benz CLS 2021 Front
グリルとバンパーがわずかに変更されたが、全体的な印象は変わっていない。

Mercedes-Benz CLS 2021 Front top
ボンネット上にはバルジが追加された。

Mercedes-Benz CLS 2021 Side
車体側面の変更点は、フロントバンパーサイドに通気孔が追加されたことだけだ。

Mercedes-Benz CLS 2021 Rear three quarter
ダックテールスポイラーが追加されたようだ。

Mercedes-Benz CLS 2021 Rear
左右のマフラーをつなぐメッキ加飾は新要素。

AMG CLS 53 2021 Front
こちらはAMG CLS 53。パナメリカーナグリルになった。

AMG CLS 53 2021 Rear
リア周りに変更点は見当たらない。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-Benz CLS 2021 Interior
新型CLSのインテリア

Mercedes-Benz CLS 2021 Cockpit
ステアリングホイールに2ゾーンセンサーパッドが追加され、半自動運転時の誤検出が減少した。

Mercedes-Benz CLS 2021 Console
センターコンソールのホイールが廃止され、タッチパッドのみとなった。

Mercedes-Benz CLS 2021 Front seats
画像のインテリアはディープホワイトとブラックの組み合わせ。シート形状はM/C前と同じだ。

Mercedes-Benz CLS 2021 Rear
リアシートの頭上はやはり狭め。

目次に戻る

パワートレイン

Mercedes-Benz CLS 2021 Engine

ガソリン車は、4気筒モデルがCLS 350(299ps)のみで、6気筒モデルがCLS 450 4MATIC(367ps)とAMG CLS 53 4MATIC+(435ps)の2種類となっています。

Mercedes AMG CLS 53 2021 Engine

ディーゼル車は、4気筒モデルがCLS 220d(194ps)とCLS 300d 4MATIC(265ps)の2種類で、6気筒はCLS 400d 4MATIC(330ps)のみです。

全ての4MATIC車には48ボルトのマイルドハイブリッドが搭載されており、ディーゼル車は20ps、ガソリン車は22psのアシストを受けることができます。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
ちなみにM/C前モデルは842~1,095万円という価格帯で販売されていました。

ヨーロッパでは2021年4月に発売され、7月からデリバリーが開始される予定です。
日本導入時期は判明していません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath