スズキ ジムニーにロータリーエンジンを搭載したホットロッドカスタム

チューニングチューニングカー

Suzuki Samurai RE Hotrod

スズキ ジムニー(北米名: サムライ)を、ホットロッドにカスタムした猛者が現れました。
しかもこのジムニーには、マツダ RX-7ロータリーエンジン(RE)が搭載されているというのですから驚きです。

今回はRE搭載ジムニー・ホットロッドの概要をご覧ください。

Related Posts

RE搭載ジムニー・ホットロッドの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Suzuki Samurai RE Hotrod
ロータリーエンジン搭載のスズキ サムライ(ジムニー)

Suzuki Samurai RE Hotrod Front
アイラインのようなガーニッシュのおかげで、厳しい顔つきになっている。

Suzuki Samurai RE Hotrod Nose
グリルの置くには前置きインタークーラーが見える。

Suzuki Samurai RE Hotrod Side
元々が幌モデルだったのか、後部キャビンは無い。

Suzuki Samurai RE Hotrod Wheel
ゴールドのホイールが黒いボディとよく合っている。

Suzuki Samurai RE Hotrod Rear three quarter
後ろからだとシートが丸見え。

Suzuki Samurai RE Hotrod Rear
車高の低さとタイヤの太さがよくわかる。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Suzuki Samurai RE Hotrod Cockpit
メーターはデジタル液晶に変更されている。

目次に戻る

シャシー

この車のオーナーであるMarvin Sanchez氏は、ドラッグレースの大ファンということで、ジムニーもドラッグレース向けに改造されています。
元々は4WDだったジムニーですが、フロントアクスルは軽量化のために除去され、リアアクスルもドラッグレース用のリジットアクスルに変更されています。
車高も大幅に下げられていますし、車重はわずか820kg程度しかありません。

目次に戻る

パワートレイン

Suzuki Samurai RE Hotrod Engine

最初はアメリカ製のV8エンジンを搭載する予定だったそうですが、ジムニーの小さな車体に大きすぎました。
そこでマツダ RX-7に搭載されているREに変更したのだそうです。
軽量・コンパクト・ハイパワーと三拍子揃っているREならば、小さなジムニーに大パワーを与えることができます。

Suzuki Samurai RE Hotrod Turbo

最終的には450psのREが搭載されました。
パワーウエイトレシオはおよそ1.82ですから、かなりの動力性能を手に入れたわけです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath