ポルシェ カイエンターボGT 史上最速のポルシェSUV

2021年6月30日Porscheの新車情報Porsche Cayenne(3rd-Gen), SUV, カイエンクーペ, クーペsuv, ハイパフォーマンスモデル

Porsche Cayenne Turbo GT

ポルシェが「カイエンターボGT」を発表しました。
カイエンターボクーペ比で+90ps、+80Nmという大幅なパワーアップを果たしたハイパフォーマンスモデルです。
また、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(20.832km)では7分38秒925を記録しており、最速のSUVとなっています。

Nürburgring Lap Record: Onboard the Cayenne
レコードラップのオンボード映像

今回はカイエンターボGTの概要をご覧ください。

Related Posts

カイエンターボGTの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche Cayenne Turbo GT Studio
ポルシェ カイエンターボGT

Porsche Cayenne Turbo GT Front
バンパーはリップスポイラーとサイドのインテークが拡大された。

Porsche Cayenne Turbo GT Front three quarter
22インチタイヤの存在感がすごい。

Porsche Cayenne Turbo GT Side
車高はカイエンターボクーペ比で17mmダウン。

Porsche Cayenne Turbo GT Wheel
ブレーキはPCCBを標準装備。

Porsche Cayenne Turbo GT Rear top
ルーフもカーボンファイバー製だ。

Porsche Cayenne Turbo GT Rear wing
ルーフスポイラーに追加されたカーボンサイドプレートはGT専用品。

Porsche Cayenne Turbo GT Rear
センター出しのチタンマフラーが印象的なリア周り。

エアロパーツがアップグレードされたことで、最高速時のダウンフォース量が40kg増加したそうです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche Cayenne Turbo GT Dashboard
カイエンターボGTのインテリア。PCMが6.0に更新された。

Porsche Cayenne Turbo GT Headrest
シートのヘッドレストにはturbo GTの刺繍。

Porsche Cayenne Turbo GT Rear seats
後席は2人掛け。つまりカイエンターボGTは4人乗りだ。

Porsche Cayenne Turbo GT Scuff plate
カーボン製のスカッフプレートにもturbo GTのロゴ。

インフォテイメントシステムが更新されました。
PCM6.0はApple CarPlayだけでなく、Android Autoにも対応しています。

目次に戻る

シャシー

Porsche Cayenne Turbo GT Winding

カイエンターボクーペ比で、地上高が17mmローダウンされています。
それに伴いパッシブ・アクティブ両面のシャシーコンポーネントが最適化されました。

3チャンバーエアサスペンションは剛性が15%アップ。
PASM(ポルシェアクティブサスペンションマネジメント)のダンパー特性やパワーステアリング、リアアクスルステアリングも再調整されています。
また、PDCC(ポルシェダイナミックシャシーコントロール)のアクティブロールスタビライザーは、よりパフォーマンス指向の制御がなされるように変更されました。
ポルシェトルクベクタリング(PTV)もより高いトルクバイアス比で作動します。

前輪は1インチワイドに。
ネガティブキャンバーも-0.45°追加され、ハイスピード・コーナリングに対応しています。
タイヤは22インチのピレリ Pゼロコルサです。
ブレーキはPCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)を標準装備しています。

目次に戻る

パワートレイン

Porsche Cayenne Turbo GT

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
カイエンターボクーペと同じエンジンですが、ターボチャージャー、クランクシャフト、コンロッド、ピストン、ダイレクトインジェクション、インダクションシステム、インタークーラー、タイミングチェーンドライブなどが変更され、中身は全くの別物になっています。
最高出力は471kW(640ps)、最大トルクは850Nmです。

8速ティプトロニックSは、シフトスピードがさらに速くなりました。
サーキットでの連続周回に備えて、トランスファーケース用の冷却システムも追加されています。
エキゾーストはチタン製で、センターサイレンサーを省略することでさらなる軽量化を実現しました。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.3秒。最高速が297km/hとなっています。
カイエンターボクーペがそれぞれ3.9秒・286km/hですから、かなり速くなっていますね。
ちなみに電気モーターを搭載するターボS E-ハイブリッドでも、それぞれ3.8秒・295km/hにとどまっています。

目次に戻る

価格・発売日

日本国内での価格は2725万円です。

カイエンターボGTは、ヨーロッパでは2021年9月から、ヨーロッパでは2022年初頭からデリバリーが開始されます。
日本でも既に予約受注を開始していますが、発売時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath