次期NSXはEV!? 3代目登場の噂

ホンダの新車情報EV, スポーツカー, スーパーカー, ハイブリッドカー

Acura NSX 1st Gen and 2nd Gen

ホンダ / アキュラのフラッグシップスポーツカー「NSX」は、タイプSをもって生産を終了します。
しかし次期NSXが登場するかもしれません。
次のNSXはEV(電気自動車)になりそうです。

今回は次期NSXの噂についてまとめてみました。

Related Posts

次期NSX(3代目)の噂

Acura NSX type S Front three quarter

thedrive.commotortrend.comは、先日開催されたモントレーカーウィークにおいて、アキュラのバイスプレジデント兼ブランドオフィサーのジョン・イケダ氏に、同社のフラッグシップスポーツカーに関する質問を行いました。

「いつか、次のNSXがあると思っています」とイケダ氏。「私は確信しています」

2代目NSXは、経済的に成功した車ではありません。
しかしイケダ氏は、ホンダ/アキュラが売上高のためにNSXを作ったのではないと言います。

「私たちは大金を稼ぐためにNSXを作ったわけではありません。電動化と、お決まりとなっている運転の楽しさについて、多くの学びを得ました」

Acura NSX type S Burnout

NSXはその初代から、先進的で新しいアイデアを盛り込んだ新世代スポーツカーとして登場しました。
車名の「New Sportcar X」も、そのコンセプトにちなんだものです。
初代NSXは高性能と快適性を高次元で両立させた「快適F1」というコンセプトで開発され、2代目もそのコンセプトを継承。ハイブリッドと3モーターにより、街乗りからサーキットまで理想的な走りを実現したのです。

ジョン・イケダ氏は言います。「私たちは言いたいことがあると、NSXを作ります。第1世代はガス、第2世代はハイブリッドでした。もう1つ別のものがあるでしょう」

Acura NSX type S Rear three quarter

NSXは、その時代の常識に挑戦してきたモデルでもあります。
1980年代、スポーツカーは操るのが難しいという固定観念がありました。ポルシェ 911などはその典型です。
ところが初代NSXは、高性能でありながら扱いやすいスポーツカーでした。

また、2代目NSXの登場以前は、ハイブリッドのスポーツカーなんてポルシェ 918スパイダーくらいしかありませんでした。
NSXのハイブリッド化は賛否両論ありましたが、その先進性は誰もが認めるところでしょう。

ところがEVのスポーツカーは、ポルシェ タイカンやアウディ e-tron GT、テスラ ロードスターなど、既に多くのモデルが存在します。
3代目NSXをEVにするだけでは、初代や2代目のような驚きはないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath