謎のBMW M8プロトタイプ 「M8 CSL」か?

BMWの新車情報BMW M8, スポーツカー

BMW M8 Test Vehicle Spyshot

BMWM8に様々な空力パーツを追加したプロトタイプを、ニュルブルクリンクで走らせています。
M8 CSLかと思いきや諸説あるようで、この車の正体はまだ確定していません。

今回は派手なエアロを身に纏ったプロトタイプのスパイショットと、その正体に関する複数の仮説をご覧ください。

Related Posts

謎のM8プロトタイプ

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW M8 Test Vehicle Spyshot Front
M8に過激なエアロを装備したプロトタイプ

BMW M8 Test Vehicle Spyshot Front three quarter
ヘッドライトやグリル内部は赤く照らされている。大型のスプリッターやボンネットダクトがレーシー。

BMW M8 Test Vehicle Spyshot Side
巨大なブレーキが目を引く。ブレーキローターはコンポジット系だと思われる。

BMW M8 Test Vehicle Spyshot Rear three quarter
リアクォーターウィンドウはインテーク付きのパネルに置き換えられている。

BMW M8 Test Vehicle Spyshot Rear
巨大なリアウィング。ディフューザーにはカモフラージュが施されている。

目次に戻る

このプロトタイプの正体は?

パーツを開発するためのテスト車両説

motor1.comは、「M8 CSL」の開発計画をBMWに確認したものの、そのような車を製造する計画は無いと回答されたそうです。
そのためこのプロトタイプを、新しいアクセサリーやレーシングパーツを開発するためのテスト車両だと結論づけています。

やっぱりM8 CSL説

2022年はBMW Mの50周年なので、それを記念するモデルとしてM8 CSLが発売されるという説も根強くあります。
今回撮影されたスパイショットは、以前のものよりも過激なエアロを装着しており、これがM8 CSLであると言われても納得のいくものです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath