メルセデスAMG GT 63S Eパフォーマンス 800馬力オーバーのPHEV

Mercedes-Benzの新車情報4ドアクーペ, AMG GT 4door Coupe, PHEV, スーパーカー

Mercedes AMG GT 63S E Performance

メルセデスAMGが「GT 63S Eパフォーマンス」を発表しました。
800馬力オーバーのPHEVパワートレインを搭載するスーパーハイブリッドです。

今回はGT 63S Eパフォーマンスの概要をご覧ください。

Related Posts

AMG GT 63S Eパフォーマンスの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Front three quarter
メルセデスAMG GT 63S Eパフォーマンス

Mercedes AMG GT 63S E Performance Front
パナメリカーナグリルはメッキ仕様。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Side
派手なエアロなどは無く、比較的落ち着いた印象だ。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Wheel
ホイールは20インチまたは21インチ。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Rear three quarter
リアウィングは可動式。低速時には格納される。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Rear
充電ポートのハッチは右リアにある。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Dashboard
GT 63S Eパフォーマンスのインテリア

Mercedes AMG GT 63S E Performance Mode selector
モード選択用のボタン。S+モードのときには赤く光る。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Seats
シートはサポート性を重視したレーシーな形状。

目次に戻る

シャシー

AMGライドコントロール+サスペンションが搭載されています。
電子制御で調整可能なダンピングシステムと、自動レベル制御を備えたマルチチャンバーエアサスペンションの組み合わせです。

AMGセラミックハイパフォーマンスコンポジットブレーキは、フロントに6ピストンキャリパーと420φのディスクを、リアにシングルピストンキャリパーと380φのディスクを組み合わせてあり、優れた制動能力と耐フェード性を兼ね備えています。

また、ESP(横滑り防止装置)、AWD(全輪駆動)システム、電子制御リミテッドスリップデフ(LSD)などを統合制御するAMGダイナミクスも搭載されており、選択されたドライブモードに応じて最適なサポートを受ける事ができます。

目次に戻る

パワートレイン

Mercedes AMG GT 63S E Performance Engine

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
エンジンの最高出力は639ps、最大トルクは900Nmを発生します。

電気モーターはリアアクスルに搭載され、単体で204psを発生します。
エンジンと合わせたシステムの最高出力は843ps、最大トルクは1010~1470Nmです。

Mercedes AMG GT 63S E Performance Charge port

バッテリー容量は6.1kWhと小型で、EV走行距離も12kmとかなり控えめになっています。
ただし重量は89kgと軽量で、150kWのピーク出力を10秒間維持することが可能です。

トランスミッションはAMGスピードシフトMCT 9G。モーターを収める電気駆動ユニット(EDU)にも電気的な2速ギアボックスが搭載されています。
EDUには電子制御LSDも統合されているそうです。

パフォーマンスは、0-100km/hが2.9秒、0-200km/hでも10.0秒しかかりません。最高速は316km/hです。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

AMG GT 63S Eパフォーマンスは、2021年9月にドイツ・ミュンヘンで開催されるIAAで実車がお披露目されます。
欧州と米国では2021年中に発売される予定ですが、日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath