C8コルベットがキャデラックのスーパーカーに変身!?

チューニングスーパーカー, チューニングカー

Competition Carbon Corvette C8 Cadillac Front

アメリカのコンペティション・カーボンというチューナーが、C8コルベットキャデラック風のデザインにするという面白い試みをしています。
実車は2022年のSEMAショーで発表されるそうです。

この車はキャデラックの120周年を記念して、「C120R」と名付けられました。
今回はその概要をご覧ください。

Related Posts

コンペティション・カーボン C120Rの概要

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Competition Carbon Corvette C8 Cadillac Front three quarter
コンペティション・カーボン C120R。現代のレーシングカーのようなスタイリングだ。

Competition Carbon Corvette C8 Cadillac Side
横から見るとコルベット風味が残っている。

Competition Carbon Corvette C8 Cadillac Rear three quarter
エンジンフードは2種類ある

Competition Carbon Corvette C8 Cadillac Rear
巨大なフライング・バットレスとクアッドエキゾーストが目を引くリア周り。

ベースはC8コルベットですが、元々のパーツはドアとルーフぐらいしか使われていないようです。

全体的な雰囲気としては、キャデラックが100周年を記念して発表したコンセプトカー「シエン」に似ています。
シエンは7.5リッターのV12をリアミッドに搭載するスーパーカーコンセプトでしたが、結局市販化されませんでした。

Cadillac Cien Concept 2002 Front
キャデラック シエン・コンセプト

Cadillac Cien Concept 2002 Rear
リアスポイラーはポップアップ式。

C120RはC8コルベットがベースなのでV8が搭載されるはずですが、SEMA2022で発表されるロードスターバージョンには、V12を搭載するそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath