マセラティ グレカーレ トロフェオはスポーツカー並みのスペック

Maseratiの新車情報48Vマイルドハイブリッド, EV, SUV

Maserati Grecale

マセラティが新型SUV「グレカーレ」を発表しました。
ガソリン、マイルドハイブリッド、EVの3種類がラインナップされています。

今回はグレカーレの概要をご覧ください。

Related Posts

グレカーレの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Maserati Grecale Folgore Front
マセラティ グレカーレ。画像はEVの「フォルゴーレ」

Maserati Grecale Trofeo Front
こちらは「トロフェオ」バンパー開口部が大きく、スプリッターも張り出している。

Maserati Grecale Folgore Front three quarter
レバンテとは異なり、ヘッドライト周りはMC20に近い。

Maserati Grecale Folgore Grill
中央にトライデントを配したおなじみのグリル。

Maserati Grecale Folgore Front fender
フロントフェンダーには3連スロット。

Maserati Grecale Folgore Rear
後ろからの見た目はレバンテに近い。

Maserati Grecale Folgore C pillar
Cピラー部分にもトライデントがあしらわれている。

Maserati Grecale Folgore Taillight
テールライトはメッキ加飾がライトユニットに入り込む形状。

Maserati Grecale Trofeo Rear
こちらは「トロフェオ」のリア周り。スポーティーなディフューザーを装着している。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,859
全幅(mm) 1,979
全高(mm) 1,659
ホイールベース(mm) 2,901
車重(kg) 未公表

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Maserati Grecale Folgore Dashboard
グレカーレ・フォルゴーレのインテリア

Maserati Grecale Folgore Seat
スポーティーだが洗練された印象のデザインとなっている。

Maserati Grecale Trofeo Interior
こちらはトロフェオのコクピット。スポーツ性がより強調されている。

Maserati Grecale Trofeo Clock
ポルシェのスポーツクロノ的なものが付いているが、文字盤は液晶となっている。Gメーターも表示できるらしい。

Maserati Grecale Trofeo Door trim
ドアはボタンを押して開けるタイプ。

Maserati Grecale Trofeo Rear seat
トロフェオのリアシート。頭上も足元も広い。パノラミックルーフが後席頭上まで伸びているので、解放感もある。

目次に戻る

シャシー

まず「モデナ」と「トロフェオ」に関しては、リアのトレッド幅が34mm拡大されています。

「トロフェオ」のブレーキはブレンボ製で、フロントに6ピストンキャリパー、リアに4ピストンキャリパーを装着しています。
また、サスペンションも「トロフェオ」はエアサスです。このエアサスには車高調整機能が付いており、オフロードでは30mmアップ、駐車時には乗降性を高めるために30mmダウンなど、6つのプリセットが用意されています。

目次に戻る

パワートレイン

Maserati Grecale Folgore Engine

ICE(内燃機関)を搭載するグレカーレには「GT」「モデナ」「トロフェオ」という3つのトリムと、ローンチエディションである「PrimaSerie」がラインナップされます。

「GT」と「モデナ」に搭載されているのは、2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボに電動コンプレッサー、48Vマイルドハイブリッドの組み合わせです。
「GT」は300ps・450Nm、「モデナ」は330ps・450Nmを発生します。
0-100km/hと0-200km/hは、「GT」が5.6秒・23.7秒、「モデナ」が5.3秒・21.9秒です。

「トロフェオ」には、マセラティのスーパーカーMC20に搭載されている「ネットゥーノ」が搭載されています。
ネットゥーノは3.0リッター・V型6気筒ガソリンツインターボで、F1由来のプレチャンバー技術が採用されているのが特徴です。
ただしMC20がドライサンプであるのに対し、グレカーレ・トロフェオではウェットサンプとなっています。
グレカーレ・トロフェオの最高出力は530ps、最大トルクは620Nm。
0-100km/hはわずか3.8秒、0-200km/hでも13.8秒しかかかりません。最高速は285km/hです。

グレカーレ・フォルゴーレ

EVは「フォルゴーレ」と呼ばれるトリムになりますが、グレカーレのローンチから遅れて登場することになります。
なので詳細はまだ公表されていませんが、バッテリー容量は105kWh、最大トルクは800Nmになると言われています。
400Vのアーキテクチャを使用しているとのことなので、急速充電の速度にも期待できそうです。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

「GT」「モデナ」「トロフェオ」は、欧州ではMY2022として登場予定なので、間もなく発売されるでしょう。日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath