アルピナ B4グランクーペ 唯一無二の高性能バージョン

BMWの新車情報4ドアクーペ, ハイパフォーマンスモデル

Alpina B4 Gran Coupe

アルピナが「B4グランクーペ」を発表しました。
BMW 4シリーズグランクーペの高性能・ラグジュアリー仕様です。
BMWは4シリーズグランクーペのMハイパフォーマンスモデルを開発しないと宣言しているので、アルピナ B4グランクーペは唯一無二といえる存在となっています。

今回はアルピナ B4グランクーペの概要をご覧ください。

Related Posts

アルピナ B4グランクーペの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alpina B4 Gran Coupe Front three quarter
アルピナ B4グランクーペ

Alpina B4 Gran Coupe Front
フロントスポイラーが変更されているが、アルピナらしく控えめなデザインだ。

Alpina B4 Gran Coupe Grill
グリルは変更無し。スポイラー部分にあるALPINAのロゴが誇らしい。

Alpina B4 Gran Coupe Side
車高はあまり変わっていないように見える。

Alpina B4 Gran Coupe Wheel
20スポークの20インチアロイホイールは軽量な鍛造品。

Alpina B4 Gran Coupe Rear three quarter
リアスポイラーも控えめなデザイン。

Alpina B4 Gran Coupe Rear
クアッドエキゾーストを装着しているが、ディフューザーが小ぶりなので上品な印象。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alpina B4 Gran Coupe Interior
アルピナ B4グランクーペのインテリア

Alpina B4 Gran Coupe Cockpit
ステアリングセンターのバッジがアルピナのものに変更されている。

Alpina B4 Gran Coupe Paddle
シフトパドルにもアルピナのロゴ。

Alpina B4 Gran Coupe Console
センターコンソールにはシリアルナンバーを記したプレートが設置されている。

Alpina B4 Gran Coupe Front seat
シートの形状自体はBMWと同じだが、表皮のデザインが異なる。ヘッドレストにはアルピナの紋章がエンボス加工されている。

Alpina B4 Gran Coupe Rear seat
リアシートも上質。シートベルトも質感が良さそうだ。

Alpina B4 Gran Coupe Luggage
開口部が広いラゲッジスペースはグランクーペならでは。BMWと同じならば、容量は470リッターだ。

目次に戻る

シャシー

Alpina B4 Gran Coupe

20スポークの20インチ鍛造アロイホイールは、1本当たり12kgと軽量です。これにより回転質量が減ったことで、乗り心地が向上しています。

足回りはアルピナスポーツサスペンションに変更。
サスペンションとシャシーのキャリブレーションを改善したことで、乗り心地を損なわずに高レベルの運動性能を達成したとアルピナはコメントしています。

目次に戻る

パワートレイン

Alpina B4 Gran Coupe Engine
補剛の入り方がすごい。

3.0リッター・直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最高出力364kW(495ps)、最大トルク730Nmを発生します。
BMW M440i xDriveグランクーペは374ps・500Nmですから、大幅なパワーアップを達成しています。

トランスミッションはZF製の8速AT。
駆動方式は全輪駆動のxDriveです。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.7秒。最高速は301km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

ドイツ本国での価格は価格は91,800ユーロです。
記事執筆時点のレートで日本円に単純換算すると、およそ1251万円となります。

アルピナ B4グランクーペは、2022年7月からデリバリーが開始されます。
日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath