1000馬力近いパワーを誇るフェラーリF40

チューニングスポーツカー, スーパーカー, チューニングカー

Ferrari F40 Competizione 1989

1989年式のフェラーリ F40が、RMサザビーズに出品されています。この個体はロードカーをレーシングカーに改造し、それをロードカーにまた戻したものなのだそうです。しかもレーシングカーとしてのパフォーマンスはそのままに、エンジンは1000ps近くまでパワーアップが図られています。グリジオ・ナルド(ナルド・グレー)のカラーリングもかっこいいですね。

今回は最速と目されるロードゴーイングF40の概要をご覧ください。

Related Posts

フェラーリ F40「コンペティツィオーネ」の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari F40 Competizione 1989 Front
フェラーリ F40(1989年式)

Ferrari F40 Competizione 1989 Front top
装いは完全にレーシングカーだが、公道走行可能だ。

Ferrari F40 Competizione 1989 Side
車高はやや前下がり。長いオーバーハングがかっこいい。

Ferrari F40 Competizione 1989 Wheel
センターロック式ホイールに大型のブレンボブレーキという組み合わせは、完全にレーシングカーのそれだ。

Ferrari F40 Competizione 1989 Rear corner
グリジオ・ナルドのボディカラーは3層仕上げ。

Ferrari F40 Competizione 1989 Rear wing
リアウイングはレース向けの調整式に変更されている。

Ferrari F40 Competizione 1989 Rear
ディフューザーが無いのが時代を感じさせる。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari F40 Competizione 1989 Interior
スタックのメーターやジュラコンシフトノブが、モータースポーツの雰囲気を感じさせる。シートのブルーが鮮烈でかっこいい。

目次に戻る

シャシー

Ferrari F40 Competizione 1989

この個体はシャシー番号80782で、1989年11月に生産されたものです。当初はオランダに納入されたそうです。
そして3年後にレース用に再構築され、ショックアブソーバーやブレーキ、スタック製の計器類などが取り付けられています。このときのボディカラーは黄色でした。そして1993年と1994年に、オランダのレーシングチームからレースに参戦しています。

1995年にはイギリスに送られ、競争力アップのために改造を受けました。このときにエンジンパワーが700psをゆうに超えるレベルになったと考えられています。ちなみにこの作業にはミケロットも関わっていたようです。

Ferrari F40 Competizione 1989

この車は2006年までレースに参加していました。その後所有者が替わり、現在の所有者の手に渡ると、マラネロにあるZanasi Groupに預けられました。ここで徹底的なレストアが行われ、ボディカラーがグリジオ・ナルドに変更されたそうです。

目次に戻る

パワートレイン

Ferrari F40 Competizione 1989 Engine

エンジンはセットアップによるものの、最高出力は690~986psの間になるそうです。

目次に戻る

価格

Ferrari F40 Competizione 1989

プライベートセールスということで、入札金額は明らかにされていません。とはいえ修復に123,000ユーロも費やしているということなので、車両価格はかなりの金額になるはずです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath