ポルシェ タイカン ターボSがニュルで量産EVコースレコードを更新!

Porscheの新車情報EV, スポーツカー

Porsche Taycan Turbo S sets Nurburgring Record

ポルシェ タイカン ターボSニュルブルクリンクの量産EVコースレコードを更新しました。タイムは7分33秒35(コース長20.8km)です。

これまでのレコードホルダーはテスラ モデルS プレイドでした。モデルSプレイドは1,020psという圧倒的なパワーを武器に、7分35秒539を記録していました。
一方、タイカン ターボSは761psとパワーで劣っているにも関わらず、モデルSより2秒以上速いタイムを記録しています。シャシー性能にかなりの差があるのでしょう。

今回はニュルで量産EV最速となったタイカンの概要をご覧ください。

Related Posts

ニュル量産EV最速のタイカン ターボS

Porsche Taycan Turbo S sets Nurburgring Record

ニュルで量産EVのラップレコードを更新したタイカン ターボSには、新しいパフォーマンスキットとポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)が装備されていました。

Porsche Taycan Turbo S sets Nurburgring Record

パフォーマンスキットには、21インチのRS-Spyderデザインホイールと、ピレリ Pゼロコルサタイヤ、そしてポルシェ 4Dシャシーコントロールのソフトウェアアップデートが含まれています。
ちなみにこのパフォーマンスキットは、現在のところドイツでしか提供されていないそうです。また、タイヤは公道走行可能なものの、主にサーキットでの使用を想定して設計されています。
なお、タイムアタックに使用されたタイカンには、安全のためのロールケージとレーシングシート、そしてレース用のシートベルトが装着されていたことも付け加えて置かなければなりません。

The Porsche Taycan sets new Nürburgring record
アタックラップのオンボード映像

「量産EV」ではニュル最速となったタイカンですが、レーシングカーまで含めると、ニュル最速のEVはフォルクスワーゲン ID.Rです。そのタイムは6分05秒34でした。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath