トヨタ 新型シエンタ 5ナンバーサイズを維持しつつ使い勝手を向上

トヨタの新車情報ストロングハイブリッド, ミニバン

Toyota Sienta 3rd Gen

トヨタが3代目となるシエンタを発表しました。5ナンバーサイズを継続しつつも、2列目シートの居住性をさらに向上させています。取り回しの良さや運転支援システムの充実にも注目です。

今回は新型シエンタの概要をご覧ください。

Related Posts

新型シエンタ(3代目)の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Toyota Sienta 3rd Gen
トヨタ 新型シエンタ

Toyota Sienta 3rd Gen Front
顔つきはルノー車っぽい

Toyota Sienta 3rd Gen Rear
全幅と全高がほぼ同じだが、丸っこいのでボクシーな感じはしない。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,260
全幅(mm) 1,695
全高(mm) 1,695[1,715]
ホイールベース(mm) 2,750
車重(kg) 1,270~1,370[1,400~1,420]

[]内はE-Fourモデルの数値です。全長、全幅、ホイールベースは先代モデルから変化していません。全高は20mm高くなっています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Toyota Sienta 3rd Gen Interior
新型シエンタのインテリア

Toyota Sienta 3rd Gen Interior
落ち着いた色調のインテリアもある

Toyota Sienta 3rd Gen Seat
7人乗り仕様ももちろん用意されている

Toyota Sienta 3rd Gen Slide door
パワースライドドア開口部の高さは60mm高くなり、乗降性が一段と良くなった。また、室内高も20mmアップの1,300mmとなっている。

Toyota Sienta 3rd Gen Inner door trim
ユニークな形状のインナードアハンドル。掴みやすそうだ。

Toyota Sienta 3rd Gen Sun shade
サンシェードも完備。窓は全面UV・IRカットとなっている。

Toyota Sienta 3rd Gen Circulator
天井にはサーキュレーターが装備されている。前席と後席の温度差を解消する。

Toyota Sienta 3rd Gen Pocket
小物入れが充実しているのも魅力。しかし置くだけ充電ではなさそうだ。

Toyota Sienta 3rd Gen Drink holder
ドリンクホルダーには紙パックも収納可能。

Toyota Sienta 3rd Gen Drink holder
ドアにはこれでもかとペットボトルを入れておける。

Toyota Sienta 3rd Gen Drink holder
フロントドアポケットにもドリンクが入る。

Toyota Sienta 3rd Gen Shipping bag hook
肘掛け横にバッグを引っかけられる。

Toyota Sienta 3rd Gen Seatback pocket
シートバックにもUSB端子があるのは便利そうだ

Toyota Sienta 3rd Gen Socket
AC100V・1500Wのコンセントも用意されている

Toyota Sienta 3rd Gen Luggage
テールゲート開口部も15mm拡大された。荷室容量は137~1030リッター。

目次に戻る

シャシー

Toyota Sienta 3rd Gen Chassis

TNGAプラットフォーム(GA-B)が採用されています。軽量かつ高剛性なボディが、乗り心地と操縦安定性を両立しているそうです。
また、構造用接着剤やルーフパネルのマスチックシーラーの一部を高減衰タイプにすることで、乗り心地や静粛性を向上させています。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビームです。高剛性ボディに合わせて、サスペンションジオメトリーが最適化されています。
最小回転半径は5.0mとかなり小回りが効きます。

目次に戻る

パワートレイン

Toyota Sienta 3rd Gen Engine

ガソリン車は1.5L・直列3気筒ガソリン自然吸気「ダイナミックフォースエンジン」を搭載しています。最高出力は120ps、最大トルクは145Nm、WLTP燃費は18.3km/Lです。

ハイブリッド車も同じエンジンを搭載していますが、最高出力と最大トルクは、それぞれ91ps・120Nmに抑えられています。しかし電気モーターが80ps・141Nmを発生するため、システムの総出力ではガソリン車を上回っているはずです。WLTC燃費はグレードによって異なりますが、28.2~28.8km/Lとなっています。
なお、E-Fourに搭載されるリアモーターは、3.0ps・44Nmを発生します。

目次に戻る

運転支援システム

Toyota Sienta 3rd Gen Toyota teammate

トヨタセーフティセンスやトヨタチームメイトが搭載されています。特にトヨタチームメイトの機能「アドバンストパーク」は、全操作を車両が支援し、スムーズな駐車を実現する優れものです。バック駐車・前向き出庫だけでなく、前向き駐車・バック出庫にも対応しています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はガソリン車が195~256万円。ハイブリッド車(2WD)が238~291万円。ハイブリッド車(E-Four)が257.8~310.8万円となっています。

新型シエンタは2022年8月23日に発売されました。月販基準台数は8,300台となっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath