マツダの新車情報

マツダCX-4が北京モーターショーで正式にお披露目

sponsored link

CX-4_走行写真

CX-5「弟のくせにオレよりデカいなんて……」

マツダCX-4が正式発表されました。散々スパイショットが流出していたため、パッと見での驚きはありませんが、明らかになった新事実は非常に興味深いものです。

sponsored link

目次
  1. CX-4のサイズ
  2. ディーゼルは搭載されない?
  3. KOERUコンセプトとの比較

CX-4のサイズ

CX-4は、サイズ的にCX-5より大きな車だそうです。だったらCX-6と名付けるべきだと思うのですが、なんらかの事情があるのでしょう。

CX-4とCX-5のサイズ比較
大きさCX-4CX-5
全長(mm)46334540
全幅(mm)18401840
全高(mm)15351705
ホイールベース(mm)27002700

全幅ホイールベースは同じですが、CX-4の方が全長は93mmも長く、全高にいたっては170mmも低くなっています。

ホイールベースが同じなので、全長の増加分はオーバーハングが延長された分ということになります。CX-4とCX-5を、サイドからの画像で比較してみましょう。

CX-4_外観写真_サイド_02 CX-5_サイド

画像の出典: netcarshow.com

ラゲッジスペース容量を確保するためか、リアオーバーハングはCX-4の方が明らかに長いですね。フロントはほぼ同じくらいか、CX-4の方が短いくらいでしょうか。

オーバーハングが長いと旋回性能が悪化しますが、CX-4は全高が低くなっているので、CX-5と同等以上の旋回性能は確保されているはずです。

CX-4のインテリア

CX-4_インテリア

画像の出典: netcarshow.com

インテリアのデザインは近年のマツダ車に準じたものですが、アクセラなどよりも高級感のある仕上げになっています。

目次に戻る

ディーゼルは搭載されない?

意外だったのはエンジンです。CX-4に搭載されるのは2.0L2.5LSKYACTIV-G、つまりガソリンエンジンだけで、クリーンディーゼルの搭載はアナウンスされませんでした

2.0L仕様は156ps、2.5L仕様は189psとのことです。CX-5のガソリンエンジン(PE-VPS, PY-VPS)が、そのままCX-4に搭載されるのでしょう。

トランスミッションは6ATで、マツダの新世代4WDシステム「i-ACTIV AWDと組み合わされます。おそらくFF仕様も用意されるはずです。

目次に戻る

KOERUコンセプトとの比較

正式発表されたCX-4と、元になったKOERUコンセプトを比較してみましょう。

KOERUコンセプト_外観写真_フロント
KOERUコンセプトのフロント
CX-4_外観写真_フロント
CX-4のフロント
KOERUコンセプト_リア
KOERUコンセプトのリア
CX-4_外観写真_リア
CX-4のリア

画像の出典: jp.autoblog.com, netcarshow.com

コンセプトカーとほぼ同じデザインですね。リア周りなどは、KOERUコンセプトとCX-4を見分けるのが難しいくらいです。

コンセプトカーを作る段階で、市販を前提にしてデザインを煮詰めていないと、こんなことはできないでしょう。ファンをがっかりさせないマツダに拍手を送りたいですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: マツダの新車情報
Tag:

戻る