他メーカーの新車情報

フィアット124スパイダーの海外レビューまとめ

sponsored link

フィアット_124スパイダー_フロント

マツダ・ロードスター(ND)の姉妹車となるフィアット・124スパイダー。1.4Lのターボエンジンを搭載したイタリアン・ロードスターを、海外の自動車評論家たちはどのように評価したのでしょうか。

トップ画像の出典: carmagazine.co.uk

sponsored link

目次
  1. エンジン
  2. ハンドリング
  3. インテリア

エンジン

ロードスターの1.5Lの方が望ましい点は、レスポンスの良さ、活発な感じ、2000rpm高い最高回転数が挙げられる。

しかし124の1.4Lターボエンジンは、2000rpmを超えればスムーズで扱いやすく、ドライビングを楽しむのには十分だ。

出典: CAR MAGAZINE


ターボの恩恵はすぐに感じられる。とくに中速域では少しアクセルを踏んでやるだけでキッチリ加速してくれるので、リラックスして運転できる。

ロードスターと比較すると、急がず落ち着くように絶えず気を引き締めていなければならない。(そのくらいスピードが出やすい)

けれどフィアットの1.4Lターボにもデメリットがある。マツダのエントリーレベルである1.5Lと比べて、3000rpm以下でエンジンの反応が少し悪い。ターボラグを誤魔化せていないのだ

出典: AutoEXPRESS

124スパイダーの1.4L直噴ターボエンジン”ツインエア”の評判は上々です。しかし日常的に使用する回転数(3000回転以下)では、ターボラグのせいでレスポンスが若干悪いようです。ロードスターは普段使いでも楽しめますが、124スパイダーはもう少し高い速度域で楽しむ車なのかもしれません。

目次に戻る

ハンドリング

フィアット_124スパイダー_リア

画像の出典: autoexpress.co.uk

124スパイダーは、スプリング、ダンパー、スタビライザー、ステアリングおよび電子制御のセッティングが、ロードスターとは異なっている。

ハンドリングは軽快、直感的で反応が良いので思うように操作できる。限界領域でのロールおよびピッチングの制御は、ロードスターよりも良い。特に勢いよくターンインしたときの、リアのロールの少なさは特筆すべきだ。

出典: CAR MAGAZINE


クイックでファントゥドライブ、そしてロードスターより少し高価だが、恥ずかしいことにLSDは付いてない(NDロードスターには、スペシャルパッケージおよびレザーパッケージにトルセンデフが標準装備されている)

出典: AutoEXPRESS

フィアット124スパイダーには、LSDを装備したグレードがないそうです。アバルトがあるので、フィアット版にLSDは要らないと判断したのかもしれません。

グレードによりけりですが、124スパイダーの方がロードスターよりも40〜60kg重いです。よってサスペンションもそれに合わせる形で、ロールスピードを抑える方向にセッティングしてあるのでしょう。

目次に戻る

インテリア

フィアット_124スパイダー_インテリア

画像の出典: carmagazine.co.uk

マツダっぽさを少しでも隠そうと努力した後がうかがえる。ロードスターと同様、整ったインフォテイメントとiDriveコントローラを手に入れたが、悲しいことにステアリングのテレスコピック調整機能は無い。

内装は明らかにマツダより高級感がある。レザーが使われた居心地の良い小さなコクピットは、ほとんど高級車といってもよい。

出典: CAR MAGAZINE


フロントウインドとリアガラスの遮音性向上、ダッシュボード裏への遮音材の追加など、静粛性が高められている。ソフトタッチのプラスチックやタンレザーシートにより、インテリアの質感も少し豪華になった。そしてフィアットが少し重たくしたステアリングからは、オールドスクールな感覚を味わえる。

出典: AutoEXPRESS

インテリアに関してはロードスターの完敗のようです。その代わり124スパイダーの英国価格は、ロードスターよりも£1,000(£1=¥155換算で、¥155,000)高く設定されています。

個人的にはロードスターのストイックさが好きなので、豪華な内装にはあまり惹かれませんが、GTカーのような使い方をするなら、124スパイダーの方が好ましいかもしれませんね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報
Tag:

戻る