チューニング 自動車文化

AE86にV8エンジンを搭載するとこうなる

sponsored link

AEV86_RWB_02

スープラの2JZ-GTEに換装したAE86のエンジンルームを見ると、前後方向の余裕がほとんど無いんですよね。やはり直4の4AGを搭載するために設計されたエンジンルームですから、直6には小さいのでしょう。

しかしV8に換装した画像を見ると、長さが直4と同じだからか、意外とキレイに収まっています。ハンドリングバランスの面でもV8の方が良いらしいです。V8のハチロクを何台かピックアップしてみたのでご覧ください。

トップ画像の出典: autoevolution.com

sponsored link

目次
  1. 1UR-FE換装のAE86
  2. 1UZ-FE換装のAE86 その1
  3. 1UZ-FE換装のAE86 その2
  4. NASCARのV8に換装したAE86

1UR-FE換装のAE86

AEV86_NTO_01

画像の出典: superstreetonline.com

Escoto兄弟のAE86カローラ・レビンは、、ボンネットを開けるとレクサスのマークがひょっこり顔を出します。レクサスLS400(2代目セルシオ)に搭載されている「1UR-FE」に換装されているからです。パワーは280ps、トルクは41.0kgf・mを発揮します。

Escoto兄弟は4AGの20バルブ仕様(AE111のやつ)や、1JZ-GTE(JZA70スープラなどに搭載されていた直6・2.5Lツインターボ)などへの換装を試した末に、V8にたどり着いたそうです。

AEV86_NTO_02

画像の出典: superstreetonline.com

実際のエンジンスワップはNTOモータースポーツが担当しました。エンジンを収めるために、ラジエターサポートの一部をカットしたそうです。改造されたミッションマウントには追加でソリッドマウントが溶接され、重量級のギアボックスを支えています。印象的なブルーのカラーリングは、350Zの塗料だそうです。

目次に戻る

1UZ-FE換装のAE86 その1

AEV86_Dutch_01

画像の出典: autoblog.nl

1UZ-FEは初代アリストと、2代目アリストの米国仕様=レクサスGS400に搭載されていました。その1UZ-FEに換装したのが、画像の2ドアカローラ・レビンです。

263ps、40.8kgf・mを発生するV8エンジンにスワップされたハチロクは、停止状態からわずか3.5秒で100km/hに到達します。最高速は225km/hだそうです。

AEV86_Dutch_02

画像の出典: autoblog.nl

軽量ハイパワーなV8ハチロクは、かなりの戦闘力でしょう。ヒルクライムイベントで使われているのも納得です。

目次に戻る

1UZ-FE換装のAE86 その2

AEV86_RWB_03

画像の出典: autoevolution.com

こちらも1UZ-FEにエンジンスワップしたハチロクですが、とてもキレイなストリートカーに仕上がっています。

AE86の魅力はハンドリングだ! ということで、パワーは重視していないそうです。とはいえ軽量な車体に260psオーバーのエンジンを搭載しているわけですから、かなり刺激的な車には違いありません。

AEV86_RWB_01

画像の出典: tumblr.com

かつてのN2レース仕様を彷彿とさせるド迫力のワイドボディは、日本のRAUH-WELT BEGRIFF(ラフ・ヴェルト、以下RWB)が製作したものだとか。

RWBは空冷ポルシェのチューニングで世界的に有名なショップですが、ハチロクも手がけているんですね。素晴らしい出来栄えに、つい見とれてしまいます。

目次に戻る

NASCARのV8に換装したAE86

AEV86_DW86_01

画像の出典: speedhunters.com

ドリフトワークスのハチロクは、日産のSR20DETからV8にエンジンを変更しました。しかしV8といってもトヨタ・カムリのカップカーのやつではなく、シボレーのLSxエンジンです。

90年代末から00年代初頭にかけて、世界的にオーバルレースが盛り上がった時期がありました。ツインリンクもてぎ、ロッキンガムモータースピードウェイ(英国)、ユーロスピードウェイ・ラウジッツ(ドイツ)など、世界中にオーバルコースが作られた時代があったんです。

サーキット開業に伴い、イギリスでは「ASCAR」と呼ばれるストックカーレースシリーズ始まりました。しかしオーバルレースは流行ることなく、ASCARもひっそりと終焉を迎えます。そして中古市場に流れたASCAR用V8エンジンを、ドリフトワークスはAE86に載せてしまったわけです。

AEV86_DW86_02

画像の出典: speedhunters.com

シボレーのレース用7.4L・V8は、655ps、88.5kgf・m(!)を発揮する強心臓。その強烈なトルクに負けないよう、30年選手のボディにも大幅な補強がなされていますが、重量は1243kgしかありません。つまりパワーウエイトレシオは1.89kg/psです。世界最強のモンスターハチロクといえるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: チューニング, 自動車文化
Tag:

戻る