他メーカーの新車情報

EVに収益性はあるのか? マセラティ・アルフィエーリから読み解く

sponsored link

マセラティ_アルフィエーリ

マセラティの新型クーペアルフィエーリに、EVバージョンが追加されるかもしれません。フィアット・クライスラー・オートモビルズのセルジオ・マルキオンネCEOが、Bloomberg Televisionに語りました。「EVは儲からない」と嘆いていた彼ですが、考えを改めたのでしょうか?

トップ画像の出典: netcarshow.com

sponsored link

目次
1.マセラティ・アルフィエーリとは?
2.EVは本当に儲からないのか?
2-1.フィアット・クライスラーの憂鬱
2-2.テスラの決算から見えてくること
2-3.EVは高嶺の花か?

マセラティ・アルフィエーリとは?

2+2レイアウトのスポーツクーペです。マセラティの創業100周年となる2014年に発表されました。しかし開発が遅れており、いまだに市販化されていません。

マセラティ_アルフィエーリ_リア外観

画像の出典: netcarshow.com

マセラティのスポーツクーペというとグラントゥーリズモがありますが、アルフィエーリは回頭性を重視し、ホイールベースがグラントゥーリズモより240mmも短くされています。

エンジンは当初フェラーリ製の4.7L・V8自然吸気が搭載される予定でしたが、フェラーリのV8が、フェラーリ・488GTBから3.9L・V8ターボに変更されてしまったため、市販バージョンはV6になる可能性が高いです。

アルフィエーリのV6エンジンには3つの仕様があり、それぞれ416ps、456ps、527psとなります。456psと527psのモデルは4WDになる予定です。

アルフィエーリはギブリやクアトロポルテ、レヴァンテなどとプラットフォームを共有しますが、アルミニウムの多用で軽量化し、俊敏なスポーツカーにするべく開発が進められています。仮想的はポルシェ・911だそうです。

目次に戻る

EVは本当に儲からないのか?

セルジオ・マルキオンネCEOは、筋金入りの「EV懐疑論者」として知られています。ただしEVそのものを否定しているわけではありません。EVで利益が上がらないという事実を根拠に、EVを過剰に称賛する風潮を批判しているだけなのです。


フィアット・クライスラーの憂鬱

フィアット・クライスラーは、「500e」というEVを販売しています。

フィアット_500e

画像の出典: netcarshow.com

しかし500eを1台販売するごとに、$14,000もの損失が発生しているとマルキオンネCEOは語っています。

じゃあなぜEVを作っているのかというと、カリフォルニア州のZero Emission Vehicle(ZEV)規制をクリアするためだけに作っているのだそうです。だからできれば500eを買わないで欲しいと、マルキオンネCEOは消費者に呼びかけています。


テスラの決算から見えてくること

2010年6月30日、ニューヨーク証券取引所にテスラ・モーターズが上場しました。それから6年が経過しようとしていますが、テスラは一度も営業利益を計上したことがありません

もちろん絶賛事業拡大中の同社ですから、まずは売上増を第一とし、営業利益は二の次なのでしょう。しかしEPS(一株当たり利益)に改善の気配が無いことが気にかかります

そのような状況であるにもかかわらず、テスラ社のイーロン・マスクCEOは、比較的安価なモデル3の発表に踏み切りました。販売価格の低下による利益率の圧迫よりも、量産効果によるコスト低減の方が大きいと見込んだのでしょう。


EVは高嶺の花か?

EVをできれば作りたくないというセルジオ・マルキオンネ氏と、EVをたくさん作りたいというイーロン・マスク氏は、好対照をなしています。

それぞれが大メーカーと小規模なベンチャー企業の代表であることを考えれば、2人の主張は逆であってもおかしくはありません。フィアットクライスラーがイノベーションのジレンマに陥っているのか、それともイーロン・マスク氏が稀代の詐欺師なのか。モデル3が発売後のテスラ社の決算が、その疑問に答えてくれるはずです。

高級車ならEVでも儲かる?

フィアットクライスラーがマセラティ・アルフィエーリにEVを設定しようとしているのは、高級車ならばEVでも元を取れると考えているからでしょう。

以前マルキオンネ氏は「法外とも言える価格で販売しているテスラは別として、EVで儲けているメーカーはない」と発言しており、法外な価格──マセラティに付けられているような──ならば儲かるだろうと主張しています。

けれどその法外な価格をつけているテスラですら、利益を計上できていないのです。アルフィエーリEVの登場はマルキオンネCEOが退任後の2019年以降になりそうですが、「出来る限りEVを売らない」という彼の経営判断は、意外と上手くいきそうな気がします。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報
Tag:

戻る