Mercedes-Benzの新車情報

AMGの本気 "AMG GT R"発表

sponsored link

AMG_GT R_01

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて「AMG GT R」が発表されました。

sponsored link

1.AMG GT Rの概要
1-1.AMG GT Rのエンジン
1-2.AMG GT Rのギアボックス
1-3.AMG GT Rのボディ
1-4.AMG GT Rの足回り
2.さらなるバリエーション
3.AMG vs ポルシェ

AMG GT Rの概要

AMG_GT R_04

AMG GT Rは、公道最速バージョンのAMG GTです。現状、これより速いAMG GTは、レーシングカーのAMG GT3しかありません。

鮮やかなグリーンのカラーリングは、Green Hell Magnoと名付けられた新色です。グリーンヘルはニュルブルクリンク・ノルドシュライフェの別名ですね。


AMG GT Rのエンジン・ギアボックス

AMG_GT R_03

まずはエンジンをGT SやGTと比較してみましょう。

項目GT RGT SGT
馬力(ps)585510462
トルク(kgf・m)71.266.161.1

それぞれのトルクは、およそ5kgf・mになっています。ちょうど50Nm刻みでグレードが分けられているようです。

次はAMG GT Rに施されたパワーアップ・チューニングについて列挙します。

  • ソフトウェアの変更
  • 圧縮比の変更
  • 排気ポートのリデザイン
  • 新しいターボ(最高回転数186,000rpm)
  • ブースト圧を1.2bar(GT)から1.35barにアップ

これらの変更によってGT Sから75ps、GTからは123psのパワーアップを果たしました。ブーストアップのために各所を変更したという感じがしますね。


AMG GT Rのギアボックス

AMG_GT R_05

7速DCTのAMGスピードシフトは、1速ギアがハイギアード化され、一方で7速ギアとファイナルギアがローギアード化されています。全体的なギアのつながりを良くするためでしょう。また、ギアボックスの冷却性能も向上しています。

デュアルマスフライホイールは、GT Sよりも680g軽量化されました。これはクラッチ側とトランスミッション側に分割され2重構造になったフライホイールのことで、トルク変動や振動を吸収します。

エンジンからリアアクスルまでをつなぐのは、GTのアルミ製より40%も軽量なカーボントルクチューブです。これに加えてカーボンクロスメンバーを採用したことで、GT Sよりもねじれ剛性が7.5%アップしています。


AMG GT Rのボディ

AMG_GT R_02

リアが56mmワイドボディ化されています。軽量化のため、フロントフェンダー、ルーフ、そしてリアウィングはカーボンファイバー製です。

注目すべきトピックとしては、アクティブエアロが挙げられるでしょう。レースモードで80km/h以上になると、エンジンより40mm前方のアンダーボディに装着された約2kgのカーボンスポイラーが下がり、248km/hで40kgのリフトをフロントアクスルから低減するそうです。

アクティブグリルも装着されており、エンジンがクーリングエアーを必要としないときにはグリルが閉じられます。一般的にアクティブグリルは、空気抵抗と減少させ暖気時間を短くする効果があるようです。

これらの改良によってAMG GT Rのダウンフォースは、GTと比較すると155kg増加(317km/h時)しています。C/D値も改善されているようです。


AMG GT Rの足回り

AMG_GT R_06

前後のダブルウィッシュボーンサスペンションのアームは鍛造アルミで、減衰特性を調整できるAMGライドコントロールサスペンションと組み合わされます。

これに加えてGT Rには、リアホイールステアリングが採用されました。これは100km/h以下の速度域において、リアタイヤのトーをフロントタイヤと反対方向に最大1.5°まで動かすものです。逆に100km/h以上では、リアタイヤをフロントタイヤと同方向に動かし、ステアリングレスポンスと車両の安定性を向上させます。

タイヤはフロント19インチ・リア20インチのミシュラン・パイロットスポーツCUP2です。ブレーキのディスク径はフロント390mm、リア360mmですが、オプションでフロント402mm、リア360mmのカーボンセラミックブレーキも選択可能となっています。

AMGトラクションコントロールは、許容するスリップレベルを9段階に調節できるそうです。ただしESPオフのときだけ使えます。

目次に戻る

さらなるバリエーション

AMGのボスであるトビアス・メールス氏は、ロードカーとレースカーのそれぞれでAMG GTのバリエーションを拡大するとコメントしています。ロードカーはおそらくコンバーチブル、レースカーはGT4になる可能性が高そうです。

コンバーチブルはAMG GT、GT Sには確実に設定されると見られていますが、GT Rには設定されないかもしれません。

GT4は、FIA-GT3のひとつ下に相当するレーシングカーの規格です。アストンマーチンやポルシェなどが、ジェントルマン・ドライバーのためにマシンを供給しています。パワートレインなどはほぼノーマルですが、レース用の安全装備や冷却システムが装着されているのが特徴です。価格もGT3比で50~60%程度に抑えられています。

目次に戻る

AMG vs ポルシェ

ポルシェは911カレラをベースに、数多くのバリエーションを展開しています。それに対しAMG GTのラインナップは少なすぎました。しかしコンバーチブルが出たとしても、そのラインナップは911ファミリーより貧弱です。

911の各モデルに対応する車が無ければ、消費者は比較しようがありません。今回発表されたAMG GT Rがポルシェ911GT3の対抗馬だとすれば、さらに上の911GT2や4WDの911に対応するモデルが、AMG GTのバリエーションに追加される可能性もあるのです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: Mercedes-Benzの新車情報
Tag:

戻る