BMWの新車情報 新車情報

BMW i5と思しきパテントイメージが見つかる これがi5である根拠とは?

sponsored link

2016/10/07

bmw-i5-001

日本の特許庁に申請されたBMWの新型モデルの姿が明らかになりました。BMW版プリウスとでも呼ぶべきデザインは、「i4」もしくは「i5」ではないかと見られています。

sponsored link

「i4」もしくは「i5」と思しき車の画像

では画像を細かく見ていきます。

bmw-i5-003
bmw-i5-005
Cピラーにフローティングルーフ処理がされている。
bmw-i5-002
リアフェンダー後端の処理は、まるでレーシングカーのようだ。
bmw-i5-004
プリウスっぽいリア周り
bmw-i5-006
右側のCピラーは普通。ドアは観音開きか。
bmw-i5-007
巨大なボンネットダクトが目立つ

イギリスのAUTO CARなどは「Electric Hatchback」と報じているのですが、ボンネット上の熱抜きダクトは明らかにエンジン用です。これまでのiシリーズの車種構成からいっても、プラグインハイブリッドだと考えるのが妥当でしょう。

ちなみにBMWは、i1〜i9までの商標登録をすでに済ませてあるそうです。全部出るまでいったい何年かかるやら……まあ、商標を取っただけで結局使われないこともありますが。

目次に戻る

i5だと考える根拠

AUTO CARはこの画像の車をi4だと主張しています。BMWのインサイダーが「i5はSUVになる」とコメントしたことがその根拠だそうです。

しかしアメリカのautoblogは、「i5の可能性もある」と主張しています。見方によってはクロスオーバーSUVと呼べなくもないというのです。

筆者もこの車はi5だと考えています。その根拠は以下の3つです。

根拠その1 iシリーズのラインナップ

これまでにリリースされたiシリーズは「i3」と「i8」の2車種だけです。前者はレンジエクステンダーEVのハッチバック、後者はプラグインハイブリッドのスポーツカーとバラバラですが、動力の一部に電気を使用する点だけは同じです。

もしパテントイメージの車がハッチバックだとしたら、i3と被ります。ラインナップを増やしていこうという最中に、同じカテゴリーのサイズ違いをわざわざリリースするでしょうか? 新たな顧客を獲得するなら、別カテゴリーの車種をラインナップするでしょう。

根拠その2 iシリーズの販売不振

未来のBMWを支えるモデルとして世に送り出されたiシリーズですが、販売不振に悩まされています。9月の全米販売台数は、i8が−13.2%の158台、i3にいたっては−77.1%の391台(いずれも前年同月比)でしかありません。

現在、世界の自動車市場で販売台数を大幅に伸ばしているカテゴリーはSUVであり、ハッチバックではありません。縮小しつつある日本市場ですら、SUVの販売台数は5年間で2倍に膨らんでいます。iシリーズが販売台数を稼ぐなら、SUVしかないと思います。

根拠その3 ボディ形状

パテントイメージはプリウスっぽいデザインに見えますが、実はテスラ・モデルXにそっくりなのです。

bmw-i5-005
BMW
tesla-model-x-side
テスラ・モデルX

クロスオーバーSUVは車高がそれほど高くないので、ハッチバックっぽく見えます。なのでautoblogの言うように、パテントイメージがクロスオーバーSUVだとしても不思議ではないのです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください

sponsored link

Category: BMWの新車情報, 新車情報
Tag:

戻る