Audiの新車情報 新車情報

アウディRS3スポーツバックがマイナーチェンジでパワーアップ!

投稿日:

アウディ・RS3スポーツバックがフェイスリフトされます。
RS3セダンの方は昨年のパリ・サロンで発表済みなのですが、RS3スポーツバックのワールドプレミアは、今年3月のジュネーブ・モーターショーの予定です。

今回は新型RS3スポーツバックのマイナーチェンジによる変更点を、ビフォー・アフター形式で見ていきます。

画像の出典: motor1.com

sponsored link


エクステリア

新型。ヘッドライト、バンパーが変更されている。全幅も5mmワイドになり、フェンダーも拡大された。
旧型のフロント。
サイドビューの変更点はなさそう。ホイールも同一デザインだ。
旧型のサイド。
テールライトのデザインが変更されている。
旧型のリア。

画像の出典: netcarshow.com

ヘッドライトは「AudiマトリックスLEDヘッドライト」に変更されました。
50個ものLEDがマトリックス状に配置されており、道路はハイビームで、対向車や前走車はロービームでといった切り替えを、ミリ秒単位で行います。
多数のLEDにより、照射範囲を細かく制御することが可能です。

目次に戻る

インテリア

新型はメーター部分がディスプレイ化された。
旧型はアナログメーターだった。
シートに関しては新旧変化なし。

メーターが12.3インチの「アウディ・バーチャル・コクピット」に置き換わりました。

目次に戻る

エンジン

搭載されるエンジンは2.5L・直列5気筒ターボで変わりませんが、パワーは33ps、トルクは15Nm、それぞれアップしています。
したがって最高出力は400ps、最大トルクは480Nmとなりました。

このハイパワーユニットと、アウディが誇るクワトロシステム、そして7速DCTが組み合わされることにより、0-100km/hをたったの4.1秒で駆け抜けます。

最高速は電子制御リミッターにより250km/hに制限されていますが、リミッターを280km/hに変更できるオプションも用意されるようです。

目次に戻る

シャシー

標準のA3に対して新型RS3スポーツバックは、

  • 最低地上高が25mm低い(M/C前も同値)
  • フロントが20mmワイド(M/C前は15mm)
  • ブレーキディスクは前後310mm(M/C前はF:370mm, R:310mm)

ブレーキディスク径に関しては、アウディのプレスリリースが間違っているのかもしれません。セダンはフロント370mmと発表されていたので。
なお、オプションでカーボンセラミックブレーキの選択も可能です。

目次に戻る

価格・発売時期

ヨーロッパでは4月から販売が開始され、実際のデリバリーは8月からになる模様です。

ドイツ価格は55,900ユーロ(€1=¥120換算で、670.8万円)となります。
現行型RS3スポーツバックの日本価格が756万円なので、新型はドイツ価格に+100万円程度上乗せされるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Audiの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.