他メーカーの新車情報 新車情報

SCG 003Sは、ニュルブルクリンクを6分30秒で走れる!?

2017/02/23

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は、003 ストラダーレ(003S)ならニュルブルクリンクで6分30秒を記録できると主張しています。
しかしニュル24時間レースやVLNシリーズで活躍してきたSCG 003だけに、大言壮語というわけでもなさそうです。

今回はSCG 003とグリッケンハウス氏について詳しく解説します。

sponsored link

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスとは?

自動車収集家として有名なジェームズ・グリッケンハウス氏が始めたプロジェクトです。

彼はエンツォ・フェラーリのワンオフモデル「ピニンファリーナ・フェラーリ P4/5」や、F430のレース仕様「P4/5 コンペティツィオーネ」などを製作してきた、筋金入りの「カーガイ」です。

2012年のニュル24時間に参戦した「P4/5コンペティツィオーネ」

画像の出典: p45c.com

しかし既存車両の改造では物足りなくなったのか、「公道も走れる本物のレーシングカー」をコンセプトに、SCG 003を製作。
2015年から003をレースに投入し、2016年にはついにストリート・リーガル仕様を完成させました。

ジェームズ・グリッケンハウス氏の本業

グリッケンハウス氏は映画監督・脚本家・プロデューサーとして活躍した人物ですが、ヒット作といえるのは「エクスターミネーター」(製作費200万ドル:興行収入3500万ドル)くらいなもので、その後は鳴かず飛ばずでした。

彼の父親・セスは、ウォール街の債券トレーダーからマネー・マネジャーとなった立志伝中の人です。

グリッケンハウス親子はGlickenhaus & Co.という投資顧問会社を共同で設立し、息子ジェームズもマネー・マネジャーとして働いていたようです。

ジェームズ・グリッケンハウス氏の財力は映画ビジネスだけでなく、ウォール街で培われた部分も大きいのではないでしょうか。

目次に戻る

SCG 003とは?

デザインはピニンファリーナが担当。
製造はイタリアのマニファトゥーラ・アウトモビリ・トリノに委託されており、すべて手作りで生産されています。

SCG 003にはいくつかの仕様があり、最初に完成したのは「コンペティツィオーネ」でした。
ニュルブルクリンクやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)で走っていたのはこの仕様です。

2015年のVLN.7にエントリーしたSCG 003

画像の出典: Nürburgring Racing Videos via Youtube

次に完成したのは「コンペティツィオーネ・ストラダーレ」というものです。
これはレースを走るときにはホンダの3.5L・V6ツインターボ(HPD製)を搭載し、公道走行の際には別のエンジンに載せ替えるという、突飛な発想の車でした。

そして昨年完成したのが、正真正銘のストリート・リーガル「ストラダーレ」です。

SCG 003 ストラダーレ

エクステリア

ヘッドライト周り以外は、レーシングカーそのままの出で立ち。
全高はかなり低い(レース仕様では1108mmだった)
上から見た画像。フェンダーが島状に独立しているのは、プロトタイプと同じ手法だ。
フロントフェンダー後方にはポッカリと穴が。
ディフューザーは意外と控えめなデザイン。

画像の出典: blog.caranddriver.com/

エンジン

BMW製の4.4L・V8ツインターボを搭載します。
このエンジンは800ps・850Nmを生み出すハイパワー・ユニットです。

このストラダーレのパワーは、レース仕様の「003 コンペティツィオーネ」を300ps以上も上回っています。
コンペティツィオーネはニュル24時間のバランス・オブ・パフォーマンス(BoP)によって絞られているため、500ps弱しか出ていなかったのです。

003 ストラダーレの動力性能は、0-96km/h(0-60mph)は3秒未満、最高速度347km/hとなっています。

シャシー

軽量なカーボンモノコックと、248km/hで走行中に700kg以上のダウンフォースを発生させるエアロダイナミクスのおかげで、旋回Gは2.0Gにも達します。

そのためストリート・リーガルなダンロップタイヤを履いていても、ニュルブルクリンクを6分30秒でラップできるそうです。
ちなみにポルシェ・918スパイダーは、ニュルで6分57秒を記録しています。
SCG側の主張が事実ならば、003 ストラダーレは驚異的なポテンシャルを秘めていることになりますね。

価格

130万ドルと言われています。$1=¥110換算だと、1億4300万円です。
パガーニブガッティなどがライバルとなる、ハイパーカーの価格帯ですね。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag: ,

Recommend

1
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/24更新】
3代目となる新型BMW X3の画像が、正式公開を前にリークされました!CLAR( ...
2
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
3
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
4
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
5
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
6
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る