トヨタの新車情報 新車情報

トヨタ ヤリスGRMN スーパーチャージャーで武装したホットハッチ

2017/05/18

トヨタ・ヤリスGRNMの姿が捉えられました。ホットハッチに仕立て直されたヴィッツは、南ヨーロッパの公道でテストを開始したようです。

今回はヤリスGRNMの概要と、開発車両の画像をお伝えします。

画像の出典: autoevolution.com

sponsored link

ヤリスGRMNとは?

GRMNは、Gazoo Racing Masters of Nurburgringの略で、ニュルブルクリンクで鍛え上げたマシンであることを示す、トヨタのサブブランドです。

ヤリスGRMNは、2017年のジュネーブ・モーターショーでプロトタイプが発表されました。
日本では「ヴィッツGRMNターボ」というモデルが販売されていましたが、ヤリスGRMNは欧州専用車として、それとは別に開発されています。

ヤリスGRMNのスペック

ジュネーブショーで発表されたプロトタイプ。

エンジンは1.8リッター直列4気筒スーパーチャージャーで、210psを発生します。

シャシーはメンバーブレースやタワーバーで強化されており、SACH社製のショックアブソーバーやトルセンL.S.D.などで、足回りも固められています。

BBS社製の17インチホイールや大型リアスポイラー、リアディフューザーから顔を覗かせるセンター出しマフラーなどが装着され、外観上も違いが一目瞭然です。

ヨーロッパではWRCのイメージを打ち出していく戦略のようで、プロトタイプではGazoo Racingのカラースキームが採用されていました。
市販バージョンは流石にコンセプトカーほど派手ではないでしょうが、何らかの形でラリーのイメージがアピールされるはずです。

目次に戻る

ヤリスGRMNのスパイショット

プロトタイプでは3ドアだったヤリスGRMNですが、開発車両は5ドアとなっています。

フロントマスクは標準車とあまり違いがない。
巨大なフロントブレーキキャリパーが、ホットハッチであることを主張する。
ホイールはプロトタイプと同じく、BBS製17インチのようだ。
リアスポイラーは存在感抜群
マフラーはセンター出しではなくなっているものの、大口径だ。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: トヨタの新車情報, 新車情報
Tag: ,

Recommend

1
デイリーF1ニュース(2017年6月28日号)ハース、2台の明暗分かれる 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
2
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/27更新】
3代目となる新型BMW X3の情報が、ついに正式公開されました!CLAR(CLu ...
3
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
4
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
5
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
7
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
8
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る