チューニング 自動車文化

NOVITEC ROSSO Ferrari 488 N-Largo ワイドボディは伊達じゃない!

2017/06/03

Novitec Rosso(ノヴィテック・ロッソ)が、フェラーリ・488用のワイドボディキットを発表しました。
ドイツのチューナーがイタリアの跳ね馬をどのようにチューニングしたのか、早速見ていきましょう。

sponsored link

Novitec Rosso "N-Largo"

N-Largo」と呼ばれるフェラーリ・488用のカーボン製ワイドボディキットは、GTBとスパイダーの両方に対応しています。

エクステリア

前後フェンダーの交換によって、全幅はノーマル比+140mmの2092mmと、超ワイドボディに。フロントフェンダー上部やリアフェンダー後部に追加されたスリットにより、ブレーキ冷却性能もアップしています。

また、ダクト面積が拡大されたフロントバンパーやホイールアーチ、リアウイングなども専用品です。

ホイールはNF6 NL鍛造ホイールで、リアは22インチ、フロントは21インチとなっています。フロントホイールが小さいのは、楔形の外観にするためだそうです。タイヤはリアが335/25ZR22、フロントが255/30ZR21となっています。

スポーツスプリングによって車高が35mmダウンしていますが、オプションとしてフロントの車高を40mm上げる「フロントリフトシステム」も用意されているので、路面の段差を乗り越える際に、フロントリップを破損してしまう心配もありません。

インテリア

Novitecによると、N-Largoシリーズのオーナーは、本革とアルカンターラで希望の色を選び、室内装飾をパーソナライズ可能だということです。至れり尽くせりですね。

エンジン

エンジン内部はノーマルのままですが、プラグ・アンド・プレイで3.9リッター・V8ツインターボを調整できるコンピュータ「Novitec N-TRONIC」が追加されており、燃料噴射と点火マップ、ブースト圧などがチューニングされています。

また、Novitecオリジナルの高性能な排気システムにより、性能の最適化と魅力的な排気音を実現しました。
素材は軽量はインコネルを選ぶこともでき、音量調節できる電子サウンドマネジメントシステムや、スポーツ触媒も選択可能です。

これらの改良により、最高出力772ps(ノーマル比+102ps)、最大トルク892Nm(ノーマル比+132Nm)となり、0-100km/h加速2.8秒(ノーマル比−0.2秒)、最高速度342km/h(ノーマル比+12km/h)という、強烈なパフォーマンスを可能にしました。
最速のフェラーリ・488と言える1台です。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: チューニング, 自動車文化
Tag:

戻る