チューニング 自動車文化

Novitec Torado アヴェンタドールSVロードスター 限定モデルを限界までチューニング!

更新日:

ドイツのチューナーNovitecから、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスター用のチューニングパーツが発表されました。
このアヴェンタドール、過激なのは見た目だけではありません。

sponsored link


エクステリア

アヴェンタドールSVロードスターは、元々500台の限定モデルです。
なのでノーマルのアヴェンタドールとは異なり、バンパーやリアウィング、エアインテークなどがカーボン製のものに置き換えられています。

ところがNovitecは、ランボルギーニ社がわざわざ装着したスペシャルパーツの数々を、贅沢にも外してしまいました。
フロントバンパー、サイドステップ、リアウィングなどは、Novitecオリジナルとなっています。

Novitecが手がけたアヴェンタドールSVロードスター。
こちらはノーマルのアヴェンタドールSVロードスター。
リアウィングもオリジナル。ディフューザー周りはノーマルのままのようだ。
ノーマルのリア。
おそらく世界最速のロードスターだろう。
リアフェンダーに書かれた「SV」のロゴがかっこいい。
ホイールはアメリカ「Vossen」ブランドのカスタムメイド。
いつ見ても印象的なテールライトだ。

目次に戻る

エンジン

ノーマルのアヴェンタドールには、6.5リッター・V12が搭載されています。
これは750psを発生する自然吸気エンジンです。

そのままでも十分すぎるほどハイパワーなV12に、何とNovitecはスーパーチャージャーを装着、最高出力を970psにまで引き上げてしまいました

アヴェンタドールSVロードスターは4WDですが、その強大なトラクションをもってしても、970psのパワーには太刀打ちできないかもしれません。
しかもオープンカーですから、ちょっと怖いですよね。

エキゾーストには、耐熱性に優れたインコネルが用いられています。
これはF1にインスパイアされたものだそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-チューニング, 自動車文化
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.