Ferrariの新車情報 新車情報

フェラーリ FXX K Evo 最強の跳ね馬がさらなる進化を遂げる!【10/30更新】

更新日:

フェラーリFXX Kをさらに改良した、エボリューションモデルを開発中です。
FXX K Evoは、ラ・フェラーリからさらなる速さを引き出そうとしています。

フェラーリはFXX K Evoの開発にあたり、5000kmの開発テスト走行と、15000kmもの信頼性テスト走行を行ったそうです。
XXシリーズは研究開発を兼ねているので、相当な意気込みで開発されたのでしょう。

今回はフェラーリFXX K Evoの最新情報をお伝えします。

更新情報

車名が「FXX K Evo」だと判明したため、ページ内の記述を修正し、公式画像を追加しました。(2017/10/30)

sponsored link


フェラーリFXX Kとは?

フェラーリ FXX K(2015)

FXX Kは、ラ・フェラーリをベースにしたサーキット走行専用車両です。

FXX Kのリア

XXとは、フェラーリの顧客がテストドライバーとして研究開発に協力するXXプログラムのことで、これまでに599XXや、FXXなどの車を用いて行われてきました。

エンツォをベースにしたフェラーリ FXX(2005)

ちなみにFXXは、エンツォベースの車でした。
FXX Kは、FXXの後継車種となります。
Kの文字は、ラ・フェラーリに搭載されている「HY-KERS」を意味するものです。

FXX Kのスペック

リアミッドに鎮座する6262ccのV型12気筒エンジンは、最高出力860ps・最大トルク720Nmを発生します。

ノーマルのラ・フェラーリがそれぞれ800ps・700Nmですから、エンジン自体は1割に満たないパワーアップしかしていません。

しかし運動エネルギー回生システムの「HY-KERS」は、ラ・フェラーリの120kW(163ps)から、FXX Kでは140kW(190ps)と、16%以上のパワーアップを遂げています。

これによりFXX Kは、1050ps・900Nmという、圧倒的なシステム総出力を達成しました。

目次に戻る

FXX K Evoの改良点

パワートレインの変更は無し

エンツォベースのFXX エボルツィオーネには、FXXとまったく同じエンジンが搭載されていました。

FXX エボルツィオーネ

FXX K Evoの場合もまったく同様で、パワートレイン関係に変更はありません
つまりシステム総出力は1050ps・900Nmとなります。
1200psオーバーになるという噂もありましたが、ガセネタだったようです。

しかしFXX K Evoが、AMGプロジェクト・ワンや、アストンマーチン・ヴァルキリーといった、今後登場するハイパーカーのライバルたちに劣っているわけではありません。
FXX K Evoでは、空力パーツが大幅にアップデートされているからです

空力の大幅な改良

FXX K Evoは、FXX Kと比較して23%、ラ・フェラーリ比だと実に75%もダウンフォースが増加しました
最高速度では830kg、時速198km/hでも640kgものダウンフォースが発生します。

フロントにはカナードが追加されるなど、バンパー形状が変更されただけでなく、フロントホイールハウス内にエアフローを導入するためのインテークが追加されました。
これらの変更によって、フロントのダウンフォースは10%も増加したそうです。

また、フロア下面に追加されたボルテックスジェネレータにより、FXX K比で30%増のダウンフォースを生み出しています。

FXX Kではリアに小ぶりなウイングレットが左右にあるだけでしたが、Evoでは巨大なリアウイングに換装されていますし、エンジンカバーにはシャークフィンが追加され、リアウィングへのエアフローを整流しています。
もちろん速度に合わせて迎角が変化する、アクティブ・リアスポイラーも健在です。

FXX K Evoの動画

2018 Ferrari FXX K EVO Mule Testing HARD On Track!!

2018 Ferrari FXX K EVO Mule Testing HARD On Track!!

やっぱりV12サウンドは最高ですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-Ferrariの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.