Mercedes-Benzの新車情報 新車情報

メルセデス・ベンツ新型CLSクラス フルモデルチェンジでさらにクーペらしく【11/30更新】

更新日:

メルセデス・ベンツが、11月27日のロサンゼルス・オートショーでのワールドプレミアに先駆けて新型CLSの画像が流出しました。
4ドアクーペの先駆け的なモデルだったCLSですが、早くも3代目となります。

今回は新型CLSの最新情報と画像をお届けします。

更新情報

エクステリアインテリアの画像をさらに追加し、エンジンラインナップの表を追加しました。(2017/11/30)

エクステリアインテリアの項目に画像を追加しました。(2017/11/29)

インテリアの項目にティザー画像を追加しました。(2017/11/20)

sponsored link


新型CLSの概要

エクステリア

シングルバーグリルは健在

現行型の2代目CLS(C218型)から採用された「シングルバーグリル」は健在です。

新型CLSのエクステリア

シングルバーグリルは、最近のメルセデス・ベンツのスポーティーな車種に共通するデザインです。
AMGにも使われているものの、そちらはパナメリカーナグリルを採用する例が増えてきています。

AMG GT Rには、パナメリカーナグリルが装着されている。

さらにクーペらしくなったスタイリング

現行型のCLS(C218型)と比較すると、新型のルーフからリア後端へのラインの方が滑らかです。

新型(3代目)CLS
現行型(2代目)CLS
新型(3代目)CLS
現行型(2代目)CLS

新型はルーフからリアデッキへとつながるラインがスムーズな曲線を描いており、クーペのようなスタイリングがより強調されています。
また、全体的に低くなっているので、非常にスポーティーな印象です。

インテリア

新型CLSのインテリア

インテリアはEクラスに準拠したものですが、計器類とインフォテイメントが統合されたウルトラワイドモニターに変更されています。
車内の空調やシートヒーター、シートのマッサージ機能などは、タッチパネルから一元的にコントロールできるようです。

アンビエントライトが追加されており、Eクラスよりも若々しくスタイリッシュなものになっています。
エアベント(エアコン吹出し口)周りのパネルが、カーボン製のものに置き換わっているグレードもあるようです。

こちらは「Eクラス」のインテリア

名前は結局「CLS」に

2年ほど前、メルセデスは名称規則の統一を進めていました。
車格に応じてA、B、C、E、Sで表現する方式に、全車の車名を改めたのです。

なのでクロスオーバーSUVの「GL」が「GLS」になり、「GLK」が「GLC」に、2シーターロードスターの「SLK」が「SLC」に変わりました。

SLKのKはドイツ語でKompressor(圧縮機、つまりターボ)を表し、GLKのKはKruz(短い)の意味だったのですが、わかりづらいためなのか、全て車格準拠に変わったのです。

しかしCLSの車名は変更されませんでした
CLSは車格からするとEクラスと同等なので、当初は「CLE」になると言われていたのですが、結局CLSのまま据え置かれたのです。

新しいプラットフォーム

新型CLSは、MRA(Modular Rear Architecture)プラットフォームに移行しました。
これは新型Eクラス(W213型)で使用されているものと同じです。

メルセデス・ベンツ Eクラス(W213)

新型CLSは、現行型よりも全長とホイールベースが伸び、室内空間が広くなっていますが、車重は逆に軽くなっています。
一説には100kg近く軽量化された(現行型は1735kg)と言われており、それが事実ならば、加減速やコーナリング、そして燃費が大きく改善されているはずです。

エンジンラインナップ

グレード名 燃料 出力(ps) トルク(Nm) 0-100km/h(秒) 燃費(km/L)
CLS350d ディーゼル 286 600 5.7 15.7
CLS400d 340 700 5.0
CLS450 ガソリン 367 500 4.8 13.0

ガソリン仕様のCLS450には、48ボルトのマイルドハイブリッドが搭載されています。

自動運転などの先進安全技術

半自動運転技術の搭載が確実視されていましたが、ローンチ時には何のアナウンスもありませんでした。

しかしアウディ・新型A8が、SAEインターナショナルが定めるレベル3自動運転を実現したので、新型CLSでも「手放し自動運転」が、いずれ可能になると思います。

S500を使って行われた自動運転デモンストレーションの様子。

4ドア版AMG GTとの関係性

AMG GTの4ドア版が発売されるため、V型8気筒搭載のAMG CLS 63が廃止されるかもしれません

AMG GTコンセプト。デザインが明らかにCLSとかぶっている。

そのかわりAMG CLS 53が追加されます。

CLS 53は、430psのM256型・直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載するグレードです。
M256には48ボルトのマイルドハイブリッドが装備されているので、燃費の面でも優れています。

M256型エンジン

AMG CLS 43もラインナップされるという情報もありますが、こちらのスペックは不明です。
ちなみに他モデルのAMG 43シリーズには、367psのV型6気筒エンジンが搭載されています。

シューティングブレークは廃止に

2代目CLSで追加されたシューティングブレークは、新型では廃止される可能性が高いといわれています。

CLSシューティングブレーク

理由は単純で、売れ行きが悪いためです。
ワゴンを購入する顧客は、室内の広さや利便性を求めているわけですから、デザイン重視でルーフ高が低いシューティングブレークの人気が無いのも頷けます。

目次に戻る

出典・参考サイト

Here’s Our Best Look Yet at the New Mercedes-Benz CLS | autoguide.com

Mercedes Teases Stylish New CLS For L.A. Auto Show | motor1.com

Mercedes-Benz Teases 2019 CLS Ahead Of LA Show Premiere | carscoops.com

Say Hello to the New 2019 Mercedes-Benz CLS | autoguide.com

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.