BMWの新車情報 新車情報

BMW 8シリーズ・グランクーペ M8グランクーペは4WD!【8/15更新】

更新日:

BMW8シリーズ・グランクーペ・コンセプトのスパイショットが撮影されました。
フラッグシップ・クーペである8シリーズの4ドアバージョンです。

8シリーズ・グランクーペのティザー画像

今回は8シリーズ・グランクーペに関する最新情報をお伝えします。

更新情報

スパイショットを追加し、ページ内の記述を最新のものに修正しました。(2018/08/15)


8シリーズ・グランクーペの概要

エクステリア

スパイショット

ニュルブルクリンクを走る8シリーズ・グランクーペのテストカー。


元々長い8シリーズのホイールベースを、さらに延長してある。


これほど大柄なボディにしてまで、4ドアクーペにする必要があるのだろうか……


リア周りは至って普通のファストバック。ダックテールスポイラーも装着されている。


巨大なマフラーフィニッシャーが目を引く。


目次に戻る

シャシー

5シリーズ7シリーズと同じ、CLARプラットフォーム(Claster Architecture)が使用されます。
CLARは軽量・高剛性が特徴のプラットフォームです。

CLARは複数のマテリアルで構成されています。
それらは高張力鋼板やアルミニウム、マグネシウム、そしてカーボン・コアです。
特にカーボン・コアというボディ構造技術には、CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)が多用されています。

カーボン・コア

しかしCLARにはカーボン・コアを用いたバージョン(7シリーズ)と、コスト低減のためにカーボン・コアを用いないバージョン(5シリーズ)の2種類が存在します。
8シリーズはフラッグシップなので、おそらくカーボン・コアを用いたCLARが採用されるでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

エンジン・トランスミッション

ガソリン仕様には、4.4リッター・V型8気筒ツインターボが採用されます。
このエンジンを搭載するM850i537psを、M8グランクーペ634psを発生するでしょう。

ディーゼル仕様の840dには、3.0リッター・直列6気筒ディーゼルターボが搭載されます。
こちらは325psです。

トランスミッションは、全車8速ATとなります。

駆動方式

M8グランクーペの駆動方式は、M5と同じ4WDシステムM xDriveが搭載されます。

M xDriveには、安全にドリフトが楽しめる4WD Sportモードや、完全な後輪駆動にできる2WDモードが用意されているので、4WDであることの弱点はありません。

目次に戻る

価格・発売時期

発売は2019年上半期になりそうです。

価格については不明ですが、メルセデス・ベンツSクラスクーペおよびS AMGクーペがライバルなので、同価格帯か、わずかに高くなる(4ドア化の分だけ)と予想されます。
現行Sクラスクーペの日本価格は1477~1775万円、S AMGクーペは2470~3246万円です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-BMWの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.