ポルシェ911 GT3カブリオレ スピードスターではない、もう1つの選択肢

Porscheの新車情報, 新車情報Porsche 911(type991.2), スポーツカー

ポルシェは現在、911スピードスターというモデルを開発中です。
911スピードスターは、911 GT3から流用した4.0リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載すると言われています。

ところがそれとは別に、911 GT3カブリオレも開発されているようなのです。
同じパワートレインを持つオープンカーを2種類用意する狙いはわかりませんが、開発されていることは事実です。

今回は911 GT3カブリオレのスパイショットをご覧ください。


911 GT3カブリオレの概要

エクステリア

911 GT3カブリオレの開発車両。ほとんどカモフラージュされていない。

こちらは911スピードスターの開発車両。よく見るとカブリオレとはボンネットが異なる。

ブレーキのサイズがこの車のキャラクターを物語っている。

横から見るとカレラ・カブリオレとほぼ変わらない。

ソフトトップの後方は、911スピードスターと全く違う。

比較画像として、911スピードスターの開発車両。

リアスポイラー無しで大丈夫なのか不安になってくる。

911スピードスターのようなデザインの、ソフトトップを収納するためのハードカバーは、GT3カブリオレにはありません。
車体の後方部分は、普通の911 GT3に近いデザインです。

911スピードスターと同様の、アクティブ・リアスポイラーが装着されているかどうかは不明ですが、クローズドルーフのGT3も大型のリアスポイラーを備えていますから、GT3カブリオレにも、何らかの空力装置が用意されているかもしれません。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはGT3と同じもの、つまり4.0リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンが搭載されるでしょう。
最高出力は500ps・最大トルクは460Nmという、自然吸気エンジンとしては最高峰ともいえるエンジンです。

トランスミッションは7速PDKか6速マニュアルとなります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath