スズキの新車情報 新車情報

スズキ・エスクードがマイナーチェンジ 内外装の変更、安全装備充実、1.6リッターは廃止に

投稿日:

スズキ・エスクード(海外名: ビターラ)が、マイナーチェンジ(M/C)されます。
内容は内外装の小変更と、エンジンラインナップの変更です。

それでは早速新型エスクードのマイナーチェンジ内容について見ていきましょう。


エスクードのマイナーチェンジ内容

エクステリアの変更点

フロントグリルのデザインがわずかに変わっています。
旧型(2015年モデル)は水平基調なのに対し、新型は縦のラインが強調されたデザインです。

新型エスクード


エスクード(2015年モデル)


また、画像だとわかりにくいものの、ヘッドライト内部のデザインも変更されています。
そしてフロントバンパー下部(ナンバープレート下)には、シルバーのラインが追加されました。

リアはテールライト内部のデザインが明らかに変わっています。

新型エスクード


エスクード(2015年モデル)


新しいデザインのホイールと、新ボディカラーも追加されるようです。

インテリアの変更点

メーター中央には、カラーTFT液晶が追加されました。
また、メーターバイザー上部には、ソフトパッドが使用されるそうです。

新型エスクードのメーターパネル

目次に戻る

1.6リッターは廃止に

ブースタージェットエンジン(写真はバレーノのもの)

エンジンラインナップにも変更があります。
1.6リッター・ガソリン自然吸気エンジン廃止され、1.0リッター・直列3気筒ガソリンターボ(110ps)に置き換わります。

なお、1.4リッター・直列4気筒ガソリンターボ(140ps)は、従来どおりです。

つまりM/C後のエスクードは、1.0リッターと1.4リッターのブースタージェットエンジンのみのラインナップとなります。
ブースタージェットは、500~600ccほど排気量が大きい自然吸気エンジンを代替するダウンサイジングターボなので、今回の変更でエンジンの刷新が完了したということでしょう。

目次に戻る

安全装備

現行のエスクードには、「レーダーブレーキサポートⅡ」が搭載されていますが、M/C後モデルでは「デュアルセンサーブレーキサポート」に変更されるそうです。
前者はミリ波レーダーで測距を行いますが、後者は単眼カメラと赤外線センサーで対応します。

これによりM/C後モデルには、プリクラッシュブレーキの他に、車線逸脱警報および予防標識認識ブラインドスポットモニタリングリアクロストラフィックアラートなどが標準装備となるようです。

目次に戻る

価格・発売時期

価格に関する情報はまだありません。
情報が入り次第、この項目に追記します。

英国での発売は9月とのことなので、日本でも同時期に投入されるはずです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-スズキの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.