スズキ ジムニー5ドア仕様のスパイショット

スズキの新車情報AWD, SUV

Suzuki Jimny 5door Spyshot Side

スズキジムニーの5ドア仕様を開発中です。
既に市販バージョンのボディが搭載され、公道でのテスト走行が行われています。

今回はジムニー5ドアのスパイショットと、最新情報をご覧ください。

Related Posts

ジムニー5ドアの最新情報

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

スパイショット

Suzuki Jimny 5door Spyshot Front corner
ジムニー5ドア仕様のプロトタイプ

Suzuki Jimny 5door Spyshot Side
リアドアの存在が確認できる

Suzuki Jimny 5door Spyshot Rear three quarter
スペアタイヤは外されているが、市販の際には装着されるはずだ。
画像の出典: carscoops.com

ボディサイズ

ホイールベースは2,550mmになると言われています。3ドアモデルが2,250mmなので、300mmも延長されることになります。
全長は3,850mmで、ちょうどホイールベース分だけ長くなっています。その他の寸法に変更はありません。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

スパイショット

Suzuki Jimny 5door Spyshot Door open
5ドアジムニーのドア内張りは、現行型3ドアと変わっていないように見える。

Suzuki Jimny 5door Spyshot Cockpit
現行型ジムニーとは異なるインフォテイメントディスプレイが装着されている。ちなみにフロントガラスに取り付けられている手前側のディスプレイは計測用のものだ。
画像の出典: carscoops.com

目次に戻る

パワートレイン

ボディの全長からいって軽自動車規格ではないので、5ドア仕様はジムニーシエラがベースのはずですが、現在ジムニーシエラが搭載している1.5リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気エンジンは、排ガス規制に対応できないため変更されます。
新エンジンはターボ化され、マイルドハイブリッドも装着される見込みです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、ジムニーシエラよりも高価なのは間違いないでしょう。ちなみに現行型ジムニーシエラは、186~208万円で販売されています。

5ドア仕様のジムニーは、2022年後半から2023年初頭にデビューする可能性が高いです。
おそらく3ドア仕様のマイナーチェンジモデルと共にデビューするでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath