ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ 自然吸気に回帰したレーシングカー!

2019年1月4日Porscheの新車情報, 新車情報レーシングカー

ポルシェケイマンGT4クラブスポーツを公開しました。
公道走行できない純然たるレーシングカーですが、プロ用の「コンペティション」モデルと、アマチュア用の「トラックデイ」モデルという2つのバージョンが用意されており、幅広いドライバーが楽しめるように配慮されています。

今回は、718ケイマンGT4クラブスポーツの概要についてお伝えします。


ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツの概要

エクステリア

718ケイマンGT4クラブスポーツ

フロントには大型のスプリッターが装着されている。

大型のリアウイングが追加された。

翼端板よりもウイングが後ろに突き出したデザイン。ウイング下にもスポイラー。

ウイングステーはスワンネックだ。

この車の面白いところは、農業副産物から得られた天然繊維を用いたコンポジットが使われているところです。
亜麻などの繊維を含むコンポジットパーツは、ドアやリアウイングに使われています。
ちなみにカーボンファイバーコンポジットと同様の重量と剛性を持っているそうです。

これらを含む軽量化対策のおかげで、718ケイマンGT4クラブスポーツの車重は1,320kgに抑えられています。

インテリア

コンペティション仕様はクイックリリース可能なステアリングになっている。

TCSやABSも装備されている。

軽量化のために、内装の最低限の装備を残して除去されました。
そのかわりセーフティ・ロールケージと、6点式ハーネスを備えたレーシングシートが装着されています。

目次に戻る

シャシー

フロントサスペンションは、911 GT3カップカーから流用した、軽量なストラットサスペンションに変更されています。
ダンパーは、「トラックデイ」モデルが減衰力固定式、「コンペティション」モデルは3way調整式です。

機械式リミテッド・スリップ・デフ(LSD)も、もちろん装着済み。
ブレーキディスクは380φですが、スチール製となっています。

燃料タンク容量は、トラックデイ仕様が80リッター、コンペティション仕様が115リッターです。
また、トラックデイモデルには、ブレーキバランサーやエアジャッキシステムも搭載されています。

目次に戻る

パワートレイン

スタンダードな718ケイマンはターボエンジンですが、GT4クラブスポーツは自然吸気エンジンに換装されました。
3.8リッター・水平対向6気筒エンジンは、425ps・425Nmを発生します。

また、デュアルマスフライホイールが装着され、6速PDKの電子制御はレース用に最適化されています。

目次に戻る

価格・発売日

トラックデイモデルは134,000ユーロ、コンペティションモデルは157,000ユーロとなっています。

718ケイマンGT4クラブスポーツは、2月から納入が開始される予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath