フェラーリ612スカリエッティをシューティングブレークに大改造!

チューニング, 自動車文化シューティングブレーク, ステーションワゴン, スポーツカー

オランダのコーチビルダーであるVandenbrink Designが、フェラーリ 612スカリエッティシューティングブレーク仕様を公開しました。
デザインが発表されたのは2008年ですから、実車の完成までに10年以上の歳月を要したことになります。
ベース車両が2世代前の4シーターフェラーリである612なのもそのためでしょう。

今回は612スカリエッティ・シューティングブレークの概要と画像をご覧ください。
クーペとの外観上の違いについても、画像で比較しています。


Vandenbrink 612 Shooting Brakeの概要

エクステリア

Vandenbrink 612 Shooting brake

追加された荷室部分も、きれいに収まっている。

612シューティングブレークのサイドビュー。

こちらはクーペのサイドビュー。給油口の位置が異なる。

シューティングブレークのリア。テールゲートガラスの面積が非常に小さい。

こちらはクーペのリア。テールランプは全く同じ。

長いボンネットの下にはV12が収まっている。

ルーフにはグラスエリアが新設された。

継ぎ目の部分。美しい仕上がりだ。

荷室部分が増設されたとはいえ、キャビンはシューティングブレークらしく非常にコンパクトだ。

低くなめらかなルーフを持つ、典型的なシューティングブレークとなっています。
ルーフとCピラー後部、そしてテールゲート以外は、クーペのボディを流用しているようです。
なので車体後部を除けば、基本的にクーペから変化していません。

目次に戻る

インテリア

612シューティングブレークのインテリア。

こちらはクーペのインテリア。リアシートのすぐ後ろにリアウィンドウがある。

十分な広さとなった荷室。

最大の変化は、リアシート後方のスペースが拡大されたことです。
リアクォーターガラスの面積はクーペと同じですが、ルーフの一部をグラスエリアにすることで、リアシートに開放感をもたらしています。

拡大されたラゲッジスペースだけでも十分な容量に見えますが、後席にはトランクスルーも用意されているため、スキー板などの長物も収納可能です。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンとトランスミッションは、ノーマルの612スカリエッティから変更ありません。
すなわち5.7リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは547psを発生し、6速のセミATもしくはMTを介して後輪を駆動します。

個人的に気になるのは、612シューティングブレークの前後重量配分です。
612スカリエッティはトランスアクスル化されたことで、リアの方が重い(前46:後54)車でした。
それをシューティングブレークにしたわけですから、さらに後ろ寄りの重量配分に変化したと考えられます。
重心も高くなっているはずですし、そのうえハイパワーFRですから、コーナーではちょっと怖い思いをするかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath