AMG GLC 43 ハイパフォーマンスなミッドサイズSUV

Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報AMG, SUV, クーペsuv

メルセデスAMGが、GLC 43およびGLC 43クーペを発表しました。
新型GLCクラスのAMG 43バージョンは、先代モデルよりも23psパワーアップしています。

今回はAMG GLC 43の画像と概要をご覧ください。


AMG GLC 43の概要

エクステリア

AMG GLC 43。パナメリカーナグリルが装着された。

カナードなどは付いていない。

標準装着されるホイールは19インチ。

リアにはディフューザーが装着された。

クアッドテールパイプが装着されている。

こちらはAMG GLC 43 クーペ。

クーペもパナメリカーナグリルだ。

クーペSUVはどことなく寸詰まりな印象を受ける。

GLC 43 クーペのホイール。

クーペだけあってルーフラインはやはり美しい。

先代とは異なり、パナメリカーナグリルが装着されました。
標準装着されるホイールは、AMG製の19インチライトアロイです。
スタンダードなGLCには無かったリアディフューザーが装着され、マフラーも4本出しのラウンドエキゾーストに変更されています。

目次に戻る

インテリア

AMG GLC 43のインテリア

フラットボトムのAMG ステアリングホイールを装着する。

シートには赤のコントラストステッチ。

室内はARTICOの人工皮革とDINAMICAマイクロファイバー仕上げです。
シートはサイドサポートが強化されており、赤のコントラストステッチが施されています。

メーターはデジタル化されており、ディスプレイサイズは12.3インチです。
センターコンソールのタッチスクリーンは10.25インチで、最新のMBUXインフォテイメントを搭載しています。

目次に戻る

シャシー

ドライブモードは「Slippery」「Comfort」「Sport」「Sport+」「Individual」の5つです。
これらを変更すると、エンジンレスポンス、トランスミッション、サスペンション、ステアリングなどの重要なパラメータが切り替わります。
これらのドライブモードは、ESP等をインテリジェントに制御する「AMG Dynamics」とリンクされています。

AMG Performance 4MATICは、リアへのトルク配分を31~69%の範囲で可変制御するものです。
マルチチャンバーエアサスペンションをベースとするアダプティブダンパーの「AMG RIDE CONTROL+」も標準装備されています。
ステアリングギアボックスは、スピードに応じてギアレシオが可変する「AMG speed-sensitive steering」です。

目次に戻る

パワートレイン

3.0リッター・V型6気筒ガソリンツインターボを搭載しています。
最高出力は390ps、最大トルクは520Nmです。
最大トルクの発生回転数は2,500~4,500rpmとなっています。
0-100km/hはSUV・クーペ共に4.9秒、最高速は250km/hです。

ギアボックスは電子制御9速ATのAMG SPEEDSHIFT TCT 9Gが搭載されています。

目次に戻る

価格・発売日

メルセデスAMGは、GLC 43の価格と発売日をまだ公表していません。
とはいえ2019年内に発売されることは確実です。

目次に戻る

Posted by dangoliath