AMG CLA45シューティングブレーク ワゴンなのに速すぎ

Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報ステーションワゴン

メルセデスAMGが、CLA 45 シューティングブレークを発表しました。
ステーションワゴンの最速候補です。

今回はCLA 45 シューティングブレークの概要をご覧ください。


AMG CLA 45 シューティングブレークの概要

エクステリア

AMG CLA 45 シューティングブレーク

CLA 35 シューティングブレークとは違い、パナメリカーナグリルだ。

エアロも強化されているが、AMG A45ほどの過激さは無い。

車高を落としたワゴンはかっこいい

赤キャリパーはCLA 45 S シューティングブレークに装着される。

リアスポイラーは車のキャラクターに合わせて控えめ。

マフラーエンドの口径は90Φ。

外観はCLA 35よりもアグレッシブです。
フロントはパナメリカーナグリルに変更されています。
しかしAMG A45のような大型のスプリッターやスポイラーなどは装着していません。

目次に戻る

インテリア

CLA 45 シューティングブレークのインテリア

赤のコントラストが施されているが、Sモデルではこれが黄色になる。

インフォテイメントはMBUX。AMG Performanceステアリングはナッパレザー仕上げ。

室内は人工皮革のARTICOとDINAMICAマイクロファイバーで仕上げられている。

スポーツシートおよびステアリングは、A45と同じものです。
インフォテイメントはすっかりおなじみとなったMBUXなので、音声認識でコントロールすることもできます。

ラゲッジスペース容量は505リッター(5名乗車時)ということで、流石の大容量です。
開口部の幅も旧型比で236mm拡大されており、荷物の積み下ろしがしやすくなっています。

目次に戻る

シャシー

AMG A45と同じく、AMG TORQUE CONTROLによる左右後輪への選択的なトルク配分により、ドリフトモードが可能となっています。
シューティングブレークでドリフトしたら大迫力だと思いますが、実際にする人はいるのでしょうか。
ドリフトモードは「S」モデルか、AMG DYNAMIC PLUSパッケージ装着車に搭載されます。

フロントに追加されたアルミ製のせん断プレートやストラットタワーブレースなど、ボディ補強も万全です。
サスペンション形式はフロントがマクファーレンストラット、リアが4リンク式で、こちらの剛性も向上しています。
オプションでアダプティブ・ダンパーのAMG RIDE CONTROLを装着可能です。

ブレーキはフロントが対向4ピストンキャリパー、リアが1ピストンフローティングキャリパーで、それぞれ350φと330φのディスクローターを装着しています。
「S」モデルおよびAMG DYNAMIC PLUS装着車では、フロントが6ピストンキャリパーとなる他、フロントのディスクローターも360φに大径化されます。

目次に戻る

パワートレイン

ベースモデルは387ps・480Nmを生み出す2.0リッター・直列4気筒ターボエンジンを搭載しています。
「S」モデルも同一のエンジンですが仕様が異なり、421ps・500Nmです。
0-100km/hは4.1秒(Sモデルは4.0秒)、最高速は250km/h(同270km/h)となっています。
スポーツカーも顔負けのパフォーマンスですね。

トランスミッションは8速デュアルクラッチの「AMG SPEEDSHIFT DCT 8G」です。
駆動方式はAWD(全輪駆動)の4MATIC+のみとなります。

目次に戻る

価格・発売日

価格も発売日も今のところ不明ですが、それほど間を置かずに発売されると思います。
米国では販売されないようですが、日本には導入されるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath