VW ID Crozz クーペスタイルを放棄! 広さ重視で電動SUVの大本命に!

VWの新車情報EV, SUV, VW ID Crozz

フォルクスワーゲン(VW)の電動SUVであるID Crozzが、公道でのテストを開始したようです。
ハッチバックのID.3に続いて発売されると見られています。

今回はID Crozzの概要と、スパイショットをご覧ください。


VW ID Crozzの概要

エクステリア

スパイショット

ID Crozzのテストカー

ホイールハウスの巨大さが目立つ。EVらしくオーバーハングは小さい。

コンセプトではクーペ風のルーフラインだったが、市販バージョンは至って普通だ。

リアオーバーハングも小さめ。タイヤが四隅にあるので、室内は広そうだ。

ショルダーが強調されたデザイン。テールゲートガラスは小さめか。

テストカーはカモフラージュが施されていますが、そのフォルムはID Crozz Ⅱ コンセプトとは異なっています。
コンセプトがクーペSUV的なルーフラインを持っていたのに対し、テストカーのフォルムは一般的なSUVのそれです。
見た目重視のクーペSUVから、実用性重視の現実路線にシフトしたものと思われます。

VW ID Crozz Ⅱ Concept

ID Crozz Ⅱ コンセプトに関しては、以下の関連記事をご覧ください。

ボディサイズ

コンセプトは全長4,625mm、全幅1,891mm、全高1,609mm、ホイールベース2,773mmでした。
これはティグアン(全長4,500mm)と、7人乗りのティグアン・オールスペース(全長4,712mm)の中間に位置するサイズです。
おそらく市販バージョンのID Crozzも、同じくらいのサイズになるでしょう。

しかしID CrozzはEVなので、オーバーハングを短くして、ホイールベースを長く取ることができます。
そのため室内の広さは、ティグアン・オールスペース(W/Bは2,791mm)並になるはずです。

目次に戻る

シャシー

VWのEV専用プラットフォームであるMEBが用いられています。

目次に戻る

パワートレイン

フロントとリアにそれぞれ1つずつ、計2つのモーターを搭載します。
フロントのモーターは100ps、リアのモーターは200psし、システムの総出力は300ps、駆動方式はAWD(全輪駆動)です。

床下に83kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、航続距離は483km(300マイル)以上になるでしょう。
150kWの急速充電を使用すれば、30分で容量の80%をチャージできます。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

ID.3が2019年9月のフランクフルトモーターショーで発表され、おそらく2020年の初頭に発売されます。
ID CrozzはID.3からそれほど遅れずに発売されると考えられているため、2020年の後半には登場するでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath