メルセデスAMG GLB 35 4MATIC 3列シート・7人乗りのハイパフォーマンスSUV

Mercedes-Benzの新車情報AMG, SUV

メルセデスAMGGLB 35 4MATICを発表しました。
3列シート・7人乗りSUVのハイパフォーマンスバージョンです。

今回はメルセデスAMG GLB 35 4MATICの概要をご覧ください。


メルセデスAMG GLB 35 4MATICの概要

エクステリア

メルセデスAMG GLB 35 4MATIC

パナメリカーナグリルが装着された。

車高の低さが車の性質を物語っている。

AMGリアスポイラーはGLB 35ならではの要素だ。

左右に1本ずつラウンドテールパイプを装着する。

AMG 35シリーズとしては初めてパナメリカーナグリルが装着されました。
フロントスプリッターやボディ同色のAMGルーフスポイラー、2つのラウンドテールパイプなど、スポーティーな意匠が各所に散りばめられています。

ホイールバリエーションは19~21インチ。
AMGナイトパッケージを装着すると、フロントスプリッターとリアバンパートリムがハイグロスブラックとなり、テールパイプトリムはブラッククロームとなります。

目次に戻る

インテリア

メルセデスAMG GLB 35 4MATICのインテリア

人工皮革のARTICOとDINAMICAマイクロファイバーのコンビシート。

3列目シートは身長168cm以下の人なら快適に過ごせるとメルセデスは主張している。

黒のスポーツシートが装着されます。
シート表皮は人工皮革のARTICOと、DINAMICAマイクロファイバーの組み合わせです。

インフォテイメントはおなじみとなったMBUX。
メーターグラフィックはAMG固有の表示スタイルが3つ(クラシック、スポーティー、スーパースポーツ)用意されています。

フラットボトムのマルチファンクション・スポーツステアリングはナッパレザー巻きです。
AMGパフォーマンスステアリングはオプションとなっています。

なお、3列目シートはオプションです。

目次に戻る

シャシー

AMGサスペンションはロール量が少なく、高速でのコーナリングに合わせて調整されています。
また、フロントアクスルのステアリングナックルやコントロールアーム、リアアクスルのサブフレームとホイールキャリアなど、全てのホイールガイドコンポーネントが完全に再設計され、さらにダイレクトなステアリングが実現し、横方向のダイナミクスも向上しました。
アダプティブダンパーのAMG RIDE CONTROLサスペンションはオプションです。

パワステは速度感応型の電気機械式で、低速ではアシストを増加させ、速度が増すごとにダイレクトなフィードバックを得られるようになっています。

AMGハイパフォーマンスブレーキは、フロントが350φのディスクに4ピストン対向キャリパーの組み合わせ、リアが330φのディスクにシングルピストンフローティングキャリパーの組み合わせです。
ディスクはどちらも鋳鉄製となります。

目次に戻る

パワートレイン

2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボを搭載しています。
最高出力は306ps、最大トルクは400Nmです。
ツインスクロールターボチャージャーのおかげで、3,000rpmという低回転から最大トルクを発生します。

クランクケースはダイキャストアルミニウムで作られており、軽量かつ高強度です。
可変バルブ制御のCAMTRONICや、コンパクトなピエゾインジェクターなども装備されています。

トランスミッションはAMG SPEEDSHIFT DCT 8Gを搭載。
RACE START機能も搭載されており、スタート時のエンジン回転数を高くすると、最高のトラクションと最大加速が得られます。

AMG DYNAMIC SELECTドライブプログラムは、「スリッパリー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「インディビジュアル」の5種類。
選択されたモードに応じて、ステアリング特製やESP(横滑り防止装置)の設定を変更するAMG DYNAMICSがインテリジェントに調整されます。

駆動方式は全輪駆動(AWD)の4MATICです。
運転状況に応じて、完全な前輪駆動から前後50:50までトルク配分を可変します。

パフォーマンスは、0-100km/hが5.2秒、最高速は250km/h(リミッターによる)です。

目次に戻る

価格・発売日

実車の発表は9月のフランクフルトモーターショーで行われます。
発売は2020年初頭ですが、日本導入がいつになるかはわかりません。

価格はまだ不明です。
フランクフルトモーターショーで何らかのアナウンスがあると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath