トヨタ86(2020年モデル) TRDハンドリングパッケージ追加

トヨタの新車情報86(ZN6), スポーツカー

トヨタ 86の2020年モデル(米国仕様)には、TRDハンドリングパッケージが設定され、インフォテイメントも更新されるようです。
日本仕様にも適用されるかは不明ですが、可能性は十分にあると思います。

今回はトヨタ 86(2020年モデル)の概要をお伝えします。


トヨタ 86(2020年モデル)の概要

TRDハンドリングパッケージの追加

TRDハンドリングパッケージは、86のエントリグレード・MT仕様のみで選択することができます。

このパッケージのハイライトは、ブレンボブレーキとザックスダンパー、18インチホイール、そしてミシュラン・パイロットスポーツ4タイヤです。
ブレンボブレーキは、フロントのディスク径が326φ、リアが316φという大径ディスクを装着しています。

装備内容からすると、BRZ STI Sportのトヨタ版と言えるでしょう。
STI製の補強バーやアルカンターラシートなどは付いていないので、BRZ STI Sportの廉価版という位置づけかもしれません。

目次に戻る

インフォテイメントシステムの更新

Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応しました。
また、音楽データが圧縮される際に失われたデータを再構築し、本来の姿でハイファイ再生する「Clari-Fi」テクノロジーが採用されています。

目次に戻る

パワートレインに変更なし

エンジンは2.0リッター・水平対向4気筒ガソリン自然吸気で、パワー(208ps)・トルク(211Nm)ともに変更はありません。
ギアボックスも6速MTもしくは6速ATで変わらず。
6速ATを選んだ場合は、203ps・204Nmとなることも同じです。

目次に戻る

価格・発売日

2020年モデルのトヨタ86は、米国では2019年秋に発売されます。
日本導入時期は不明です。

米国での開始価格は27,000ドルからとなっています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath