メルセデス・ベンツ GLE 350 de 大容量バッテリーを搭載するディーゼルPHEV

Mercedes-Benzの新車情報PHEV, SUV, メルセデス・ベンツGLEクラス(W167)

メルセデス・ベンツGLE 350 deを発表しました。
GLEのPHEV(プラグインハイブリッド)なのですが、ディーゼルエンジンと組み合わせてあるのが特徴です。

今回はGLE 350 deの概要をご覧ください。


メルセデス・ベンツ GLE 350 deの概要

ICE(内燃機関)は2.0リッター・直列4気筒ディーゼルターボで、最高出力は194ps、最大トルクは400Nmを発生します。

このエンジンとタッグを組むのが、136ps・440Nmの電動モーターです。
これによりシステムの総出力は320ps、総トルクは700Nmとなります。
0-100km/hは6.8秒、最高速は210km/h(EV走行時の最高速は160km/h)です。
ホイールベースが約3mにも達するGLEの巨体を考慮すれば、十分すぎるパフォーマンスといえるでしょう。

バッテリー容量は一般的なEV並

GLE 350 deのハイライトは、大容量のバッテリーです。
バッテリー容量は31.2kWhもあります。
初代日産リーフ・後期型のバッテリー容量が30kWhですから、GLE 350 deは、小型EVと同程度のバッテリーを搭載しているわけです。

そのためGLE 350 deのEV走行距離は99km(WLTP基準)と、かなりの長距離になっています。
普段の通勤や買い物に使うだけなら、ディーゼルエンジンの出番は無いかもしれません。

バッテリー容量と引き換えに、ラゲッジスペース容量は1,915リッターに減少した。

バッテリーが大きくなった分、充電能力も向上しました。
オンボード充電器は、充電容量が従来の3.6kWから7.4kWに引き上げられ、ウォールボックスからの充電なら90分で完了します。
DC充電を利用すれば、バッテリー容量の10~80%までを充電するのに20分しかかかりません。
10~100%だとしても30分です。

価格・発売日ともにまだ公表されていませんが、2019年9月のフランクフルト・モーターショーで実車がお披露目されるので、その際に何らかのアナウンスがあるかもしれません。
判明次第、このページに追記したいと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath