フェラーリ 812 GTS V12スパイダーが半世紀ぶりに復活!

Ferrariの新車情報オープンカー, スーパーカー

フェラーリ812 GTSを発表しました。812スーパーファストのコンバーチブル仕様です。

フェラーリのV12スパイダーは1969年の365 GTS4(デイトナスパイダー)以来、半世紀ぶりの復活となります。
2000年の550バルケッタピニンファリーナ、2005年のスーパーアメリカ、2010年のSAアペルタ、そしてフェラーリ60周年を祝うために10台のみ生産された2014年のF60アメリカなど、365 GTS4以降もV12スパイダーはいくつかあったのですが、そのどれもが限定モデルで、カタログモデルではありませんでした。

今回はフェラーリ 812 GTSの概要をご覧ください。


フェラーリ 812 GTSの概要

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

フェラーリ 812 GTS

エンジンは812スーパーファストと同じ6.5リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気を搭載しています。
したがって最高出力は800ps、最大トルクは718Nmです。
0-100km/hは3秒未満、0-200km/hは8.3秒、最高速は340km/hとなっています。
世界でも有数のハイパフォーマンス・オープンカーと言っても過言ではありません。
ちなみにエキゾーストシステムは、ルーフを閉じているときにテールパイプからの音量を増加させるべく改良されているそうです。

サイドビューは、365 GTB4を思わせるハイテールの2ボックスデザイン。

車の後部が812スーパーファストとは別物となったので、空力は大幅に変更されました。
812スーパーファストにあったエアロダイナミック・バイパス(下の画像参照)がコンバーチブル化に伴い廃止されたため、失ったダウンフォースを取り戻し、増加したドラッグを低減する必要があったのです。

812スーパーファストに装備されていたエアロダイナミック・バイパス。

ダウンフォース増加策としては、リアディフューザーにトライプレーン・ウイングが組み込まれました。
床下の空気を効果的に排出することで、ダウンフォースを増やします。

また、ドラッグを減らすために、リアフェンダー上部のダクトから、リアホイールハウス内の空気を排出する仕組みを採用しています。

リア周りの空力は大幅に変更されている。

フロントガラス上部の角には、小さなL字型フラップが追加されました。
これはリアスクリーンの上部に渦を作り出し、乗員の頭部にかかる過剰な圧力を低減します。
空力に細心の注意を払った結果、騒音が低減され、高速域でも乗員同士の会話に支障は出ないそうです。

フロントウィンドウ上部の角には、L字型フラップが装着された。

シャシーに関しては812スーパーファストと同様です。
サイド・スリップ・コントロール(SSC)5.0や、リアタイヤステアのバーチャル・ショートホイールベース 2.0などが搭載されています。

フェラーリ 812 GTSのインテリア

デザインは812スーパーファストと変わらない。

価格と発売日はまだ公表されていません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath