他メーカーの新車情報 新車情報

フェラーリ812スーパーファスト V12はついに800馬力到達!

2017/02/20

フェラーリ・F12のアップデートバージョンの名前が、812スーパーファストと判明しました。早速スペックをチェックしていきましょう。

sponsored link

フェラーリ・812スーパーファストの内外装

ヘッドライトはLED。すぐ横に開口部が追加されている。バンパーはシンプルになった。
ヘッドライト横の開口部は、フライング・バットレスのようだ。
新デザインのホイールはいかにも速そう。尻上がりのデザインは、365 GTB4のオマージュなのだとか。
リアフェンダー上にもフライング・バットレス。
事前のリーク情報通り、ディフューザーは浮き上がったようなデザイン。上下2段式なのかは不明。
中央のエアベントの数が3つから2つに減っている。ステアリングはカーボン部分が無くなり、全周がレザーになった。

目次に戻る

フェラーリ・812スーパーファストのエンジン

エンジンは6.5L V型12気筒 自然吸気(NA)です。
このV12はなんとトリプルインジェクションなのだとか。
たぶん直噴用に1つ、ポート噴射用に2つ※1のインジェクターが使われているのだと思います。

エンジンは350barの直噴システムと、F1譲りの可変吸気システムを備えているそうです。
事前のリーク情報ではトリプルインジェクションだと言われていたのですが、どうやらガセだったみたいですね。

それでも最高出力は驚異の800ps! 最大トルクも718Nmと、自然吸気エンジンとしてはこれ以上ないほどのパワーとトルクです。

NAエンジンでハイパワーと聞くと高回転型のイメージがありますが、さにあらず。
F12MのV12は、3500rpmで最大トルクの80%を発生するのだそうです。
ちなみに最大トルクには7000rpmで到達します。

このエンジンと組み合わされる7速DCTの変速スピードは、アップシフトで30%、ダウンシフトは40%、それぞれ高速化されました。

これらのコンビネーションにより、0-100km/h加速は2.9秒0-200km/h加速でも8秒以下という驚異的な動力性能を実現しています。

最高速は340km/h以上とのことです。
世界最長のストレートを持つ富士スピードウェイなら出せるかも?

※1 ポート噴射用のインジェクターは、おそらく日産が開発したデュアルインジェクターのようなものだろう。

目次に戻る

フェラーリ・812スーパーファストのシャシー

新しい電動パワーステアリング「Sport EPS」が搭載されます。
これは車両の電子制御と統合されたパワーステアリングというだけで、インフィニティ・Q50S Red Sport 400のようなアダプティブ・ステアリングではなさそうです。

車両のスライドを制御する「サイド・スリップ・コントロール(SSC)」は、第5世代の「SSC 5.0※2」に進化しました。

SSCは、車両の横滑りを常時監視・解析し、現在の状態と導き出したした横滑りの目標値とを比較しながら、トラクションコントロール(F1-Trac)や、電子式ディファレンシャル(E-Diff)、アダプティブ・サスペンションなどを統合制御することで、スライド量を最適化するシステムです。

また、リアホイールステアリング(4WS)の「バーチャル・ショートホイールベース・システム 2.0※3」も採用されました。
最近のスーパースポーツはタイヤが太くなる一方なので、これが無いと最小回転半径が酷いことになります。
高速域での安定性を高めることもできるので、もはや必須の装備と言えますね。

乾燥車重は1525kgと、F12ベルリネッタから変わっていません。
フロントに巨大なV12を搭載しているにもかかわらず、前後重量配分は47:53であり、リア寄りのバランスになっています。

※2 フェラーリ・488GTBにはSSC2、GT4ルッソにはSSC4が搭載されている。

※3 フェラーリ・F12tdfで第1世代が初採用された技術。

目次に戻る

フェラーリ・812スーパーファストのスパイショット

このヘッドライトはダミーだろう。
サイドから見たときのフォルムは、F12とほぼ同じだ。
ディフューザー形状はわからない。マフラー径の大きさに圧倒される。

フロントには新しいシェイプのLEDヘッドライトに変更され、フロント周りのデザインもアグレッシブな印象に変わるようです。

リアディフューザーは「車体後部から浮いているように見えた」そうですから、もしかすると上下2段式なのかもしれません。

また、テールランプが4灯式に戻されるという噂が流れていましたが、今回の情報提供者はそのことに言及しておらず、依然として真偽は不明のままです。

ホイールデザインは「標準」と「スポーツ」の2種類が用意されます。

インテリアに関しては、「8.8インチのパッセンジャーディスプレイ」が装着されるそうですが、解像度が1280*140という珍しいものなので、センターコンソールのディスプレイではないはずです。
助手席前のダッシュボードに、追加メーターの代わりとして設置されるのかもしれません。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag: ,

Recommend

1
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
2
デイリーF1ニュース(2017年6月25日号)アゼルバイジャンGP予選結果 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
3
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/24更新】
3代目となる新型BMW X3の画像が、正式公開を前にリークされました!CLAR( ...
4
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
5
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
7
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
8
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る