Mercedes-Benzの新車情報 新車情報

メルセデスAMG E63 4MATIC+エステート 世界最速SW

2017/02/07

非常に評判の良いメルセデス・ベンツ新型Eクラスですが、そのステーションワゴン(SW)仕様となるEクラスエステート(日本名:Eクラスステーションワゴン)に、「AMG E63 4MATIC+ エステートが追加されます。
すでに発表済みのV6ツインターボ(401ps・520Nm)モデル「AMG E43 4MATIC エステート」を上回る、世界最速のハイパフォーマンス・ワゴンです。

今回はE63 4MATIC+ エステートの概要をお伝えします。

sponsored link

AMG E63 4MATIC+ エステートのエクステリア

普通のEクラスワゴンよりもシンプルなデザイン。
車高の低さと大径ホイールによって、ステーションワゴンでも速そうに見える。
真っ直ぐなルーフラインにメルセデスの意地を感じる。
角型4本出しマフラーが印象的なリア周り。

目次に戻る

AMG E63 4MATIC+ エステートのエンジン

エンジンは4.0L V型8気筒ガソリンツインターボです。
シリンダー休止機構を備えており、燃費にも配慮されています。

E63エステートのグレードは、「E63」と「E63 S」の2つ。
どちらもエンジンは同じですが、パワーはそれぞれ異なります。

  • E63……570ps・750Nm
  • E63 S……612ps・845Nm

どちらのグレードも248km/hでリミッターが作動するので、最高速に差はありません。
しかしオプションの「AMGドライバーパッケージ」を装着した場合には、スピードリミッターが288km/hに引き上げられます。
ステーションワゴンのものとは思えない最高速ですよね。

目次に戻る

AMG E63 4MATIC+ エステートのシャシー

駆動方式は全車4WDです。
基本的には後輪を駆動しますが、路面が滑りやすいときなどには電子制御カップリングを通じ、前輪にも駆動力を配分します。

サスペンションは標準でエアサスが装着されており、しかもアダプティブです。
レースモードを選択した場合には、パワートレインやパワーステアリング、スタビリティコントロールなどと合わせて、スポーティーなサスペンションセッティングに切り替わります。

ブレーキは標準でも390φの大径ディスクローターが装着されていますが、オプションのカーボンセラミックブレーキでは402φまで拡大されます。
ステーションワゴンの重量級ボディを止めるには、このくらいのストッピングパワーが必要なのでしょう。

デフは「E63」が機械式LSD、「E63 S」が電子制御LSDとなっています。

ダイナミックエンジンマウント

エンジンは車体の中で最も重量のあるコンポーネントなので、エンジン自体にも慣性の法則が働き、ロールやアンダーステアの原因となります。

運動性能だけを考えると、エンジンとシャシーの締結剛性を高めたいのですが、そうすると今度は不快な振動やノイズが発生するので、おいそれとはエンジンマウントを固められません。

そこでダイナミックエンジンマウントの出番です。磁性体を封入したマウントを普段は柔らかくしておき、レースモード選択時などスポーツ・ドライビングのときだけマウントを硬くすることで、乗り心地・静粛性とハンドリングの両立を可能にしました。

目次に戻る

AMG E63 4MATIC+ エステートのインテリア

内装はAMGらしくレーシーなものに変更されています。

メーターはデジタル・インストゥルメンタルだ。

リアシートは40:20:40の分割可倒式。
ラゲッジスペース容量は540〜1820Lとなっています。
BMW・新型5シリーズツーリング(G31)よりも大容量なので、ステーションワゴンとしても不満が出ることはないでしょう。

目次に戻る

AMG E63 4MATIC+ エステートの価格・発売時期

発売は2017年4月を予定しています。
ワールドプレミアは3月のジュネーブ・モーターショーです。

価格はまだ明らかになっていませんが、セダンのAMG E63よりも高価になるのは確実です。
ちなみにセダンE63の英国価格は£78,385(£1=¥140換算で、約1097万円)、E63 Sは£87,745(同、1228万円)となっています。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: Mercedes-Benzの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る